2018年08月18日

0818:ASAHI PENTAX SP 28mm Test Shot

08/18 天気/晴れ 気温/涼しい このまま秋に向かうのかな?と思うほど
ASAHI PENTAX SP 28mmにフィルムを入れて、16日に横浜の街を撮ってきた。
17日に有楽町のBigCameraで現像に出して引き取ってきた。
今回の撮影では Fuji Film Color ISO100/24枚を使用 ¥550
現像¥600 CD-ROM書込¥500 税込1,188円 Total¥1,738
フィルムはFUJI FILMの業務用が入手できれば¥290程度になるので、Total¥1,500に抑えられるでしょう。
現像データはプレビュー用の軽いデータから、重い本データの2種類で保存されている。
Flickrには本データをアップしておいた。
撮影は、横浜元町→中華街→横浜港大桟橋→元町公園→ベーリック・ホールって感じ。
最初は、元町通り 外国人家族が楽しそうに歩いていた。


横浜中華街 撮っていたら男の子が、、、右横の彼女が「もぉやめなさいよ〜」って。
いやいや、いいんですよ。こう言うのりは好きです。


壥責請追世任后
廊の逆光気味の写りは露出不足(アンダー)。
露出計が空の明るさに引っ張られて示した絞りで撮影した為で、こういう逆光気味の時は一絞り更に開けなければいけない。こういう時にスポット測光って必要なんだな。
この場合はもう半段開ければよかった。
曇り空での撮影に空を多く入れるな!の鉄則を忘れてました。
露出計の癖がわかならないので、今回は全て露出計の示す適正露出で撮影した。
線香の写真は煙を入れたかったが、シャッター速度が早すぎた。



横浜港 大桟橋 たまたま飛鳥兇入港していた。
大桟橋から赤レンガ倉庫を望む。


元町公園 いつもの公衆電話BOXとその前の教会。
教会はピンを外しているみたいだ。確か絞りは11だったので、外す事はないんだけどな?
でも、ピンが甘いよなコレ。


元町公園の横にある ベーリック・ホール。
ホールは F3.5 1/60 手持ちで撮影。
2階の書斎とバスルーム。洗面台のカランと窓からの光が良かったので撮った。
柔らかい光の中でカランの輝きが良い感じ。
明るく撮れているが、F3.5 1/8
三脚を持っていなかったので、カメラを椅子の背に乗せたり、立入禁止表示のポールを一脚替わりに利用したり苦労して撮ってます。
この時代のカメラで撮影する時は、一脚を一緒に持ち歩いたほうが良いみたい。


自宅東向きのベランダから、手持ちの200mmレンズで東京湾を撮影。
30年ぶり位の撮影かな?意外と解像度が良いので驚いた。


おまけで夜間撮影してみた。
シャッター速度の低速側は1秒までしかない。
露出計ソフトで計算した所、ISO100であれば1秒で行けそうだったのでトライ。

だめだアンダーだ。
200mmレンズという事を考慮すれば、2秒ぐらい開けなければダメだったかな?

追加で翌朝の風景を28mmと200mmで。

おまけで縞

このカメラの露出の癖としては、露出計の適正だと少し明るい感じがするので、半段絞ったほうが良い結果になりそうだ。
しかし、絞り込み測光は面倒だ。
毎度絞って露出を確認して、絞りを開放してピンを合わせて撮る。
SPの後継機SPFの開放測光(TTL測光)が開発された経緯がよく分かるなぁ〜

<ASAHI PENTAX SP 28mmの感想>
機能:全く問題ない。正常に機能している。
レンズ:28mm単焦点で撮影したが風景であれば意外とコレ一本でいける。
200mm購入から50年経過しているが全く問題ない。
露出計:正常に機能している。半段明るめかな?露出チェックが面倒だが十分使える。
28mmレンズ付きで非常に満足な逸品です。
どうしよぉ、50mmレンズも欲しくなったよ。
デジカメと違ってフィルムは金が掛かっているので一枚一枚非常に丁寧に撮ることになる。
気軽にシャッターを押すことも大切だが、こういう構図を考えて慎重に撮るのも楽しい。  
Posted by imd at 12:06Comments(0)RX100M3

2018年08月14日

0814:PENTAX SP - SPOTMATIC

08/14 天気/晴れ 気温/暑いが日陰で風を受けると割と涼しい
20年前に親父からもらったカメラがあった。
ASAHI PENTAX SV
ASAHI PENTAX SV_BK
Photo by dg-3010さん
(SVはすでに廃棄しており手元にないため借用。断りを入れていないのでモノクロに変更してます。)
発売されたのは1962年(昭和37年)の7月で、レンズは55mm/F 1.8が標準で付いて価格は34,900円だったらしい。
親父は200mmの望遠レンズも一緒に購入していた。
レンズは*M42マウントのフルマニュアル機。当然機械式シャッターでレンズの自動絞りには対応しているが露出計は内蔵していない。シャッターは1秒〜1/1000秒まで切れる横走り布幕方式。
クラシカルなデザインがいかにもカメラという感じで完成されており、このカメラは当時にしては小型で良く写ると世界中で売れたようだ。
かのビートルズのメンバーが黒のSVを構えている写真がある。
このカメラの特徴としては、セルフタイマーを搭載したことらしいが、それが巻き戻しレバーの根元にダイヤル式でついている。必要な秒数分をゼンマイを巻くように回転させる方式。
親父はこのカメラで随分と家族の写真を撮ってくれたが、僕らが成長するに従い登場する機会は減り、タンスの中に仕舞われたままになっていた。
確か結婚した後だったと思うので自分が35歳ぐらいの時に、使わないからと言って親父が譲ってくた。しかし、その頃僕はコンパクトカメラでの撮影が常になっていたので、露出計も無い完全マニュアル機で55mm&200mmという構成はでかすぎて持て余し、僕の所でもやはり仕舞われたままになっていた。
福岡から横浜に引っ越す時にチェックしたら、シャター幕にカビが発生し固着し動かなくなっていた。
55mmレンズもカビだらけで使い物にならなくなっていたので、後ろ髪を引かれる思いで廃棄処分 とした。しかし、200mmの望遠レンズだけは曇りも無くグッドコンディションだったので横浜に持って来た。
*M42マウント=本来は、JIS等の工業規格で定められた「メートル細目ねじ」の種類を表す呼称で、厳密に言うと「M42×1」、直径が42mmでピッチが1mmのねじの事。この規格のめねじをボディ側に、おねじをレンズ側に切って固着するスクリューマウントのことをM42マウントと呼んでいた。当時のカメラのレンズマウント方式としては一般的で多くのメーカーが採用していた。初期のASAHI PENTAXのレンズマウント方式にも採用されていた。当然ながら最近のバヨネットマウントと互換性はない。

このM42マウントは昭和の写真ブームで大量にカメラが売れた時期の物なので、中古市場では玉数が多いため手頃な値段で入手が可能だ。
以前は1,000円ぐらいで比較的に状態の良いカメラ・レンズが入手できた。しかし、最近フィルムカメラが見直されたのか??ヤフオクでの価格がじわじわじと上がってきている。程度の良いものは5,000円から1万円で取引されているようだ。

さて、200mmレンズ単体では役に立たないので、価格が上がる前にM42マウントの中古カメラを入手しておこうと思った次第。
実際にフィルムを通す事を考えると露出計の無いSVを買うよりは、後継機の露出計が内蔵されたSP=SPOTMATICの方が現実的なのでヤフオクで探して見た。
ファインダーに曇りがなく、シャッターも露出計も正常に動くらしい。さらに魅力的な事に28mmのTAKUMARが付属している物があったので入札を開始。
この時代の標準レンズは55mmなので28mmがついているのは非常に珍しい。
写真を見る限りではレンズにカビや曇りが無く非常に綺麗な状態。

このSPOTMATICもベストセラー機なので、中古市場に玉数は豊富にある。
流石に50年前のカメラなのでコンディションの良い物が少なくなってきた様子。
で、届いたので記録しておこう。

露出計を作動させる時はこのSWというスイッチを上に押し上げる。そうするとレンズの絞りが行われて測光される仕組みでこれを絞り測光と言う。指針がセンターに来るようにシャッター速度と絞りを調整すれば良い。
DSC04137
後継機のSPFでは絞らずに開放で読み取る開放測光方式(TTL測光)が採用となる。
しかし、SPFはレンズキャップを外すとすぐに露出計が働くためすぐに電池切れになるという弊害があったそうだ。
*TTL測光はPENTAXが最初 TTLダイレクト測光はOLYMPUSが最初

カメラ本体はこの様に割と綺麗。
付属の28mmレンズにも曇りやカビは見当たらず、ミラーにも曇りはなく54年前のカメラとしては良いコンディションです。
さて、手持ちの200mmと並べてみます。

レンズフードを付けると、、、

バズーカ砲みたいになっちゃいますね(^_^)
最近のこのサイズのレンズだと、80mm〜250mmZoomレンズでしょうかね?

当時の指定電池はPX−400と言う水銀電池。環境問題から今は製造されていないので、代替電池としてSR41またはLR41 1.5Vが使える。ただしサイズが異なるためスペーサーが必要らしい。
代わりにOリングをはめるとか色々と手法はあるようだが、とりあえずそのまま放り込んで蓋を締めたら露出計は普通に動いた。
露出計アプリで計測して比較してみたが、およそ合っているようだ。
こればかりは実写してみないとわからない。  
Posted by imd at 15:00Comments(0)RX100M3

2018年08月12日

0812:横浜港 D埠頭

08/12 天気/晴れ時々曇り 気温/少し下がったかな
横浜港はA埠頭からD埠頭まであり、それぞれ接岸する船の種類によって使い分けられている。
いつも行くB埠頭は基本的に外国貨物船の接岸なので一般者の立ち入りも多く割と入りやすい。
他のA・C・D埠頭はセキュリティレベルが高くそれぞれチェックゲートがあり、通過時にはPS Cardという許可証の提示が求められると聞いていた。それもあってこれまで立ち入っていなかったが、ある情報によるとD埠頭は18時までであれば一般の立ち入りが可能との事なので行ってきた。行ってみれば、なんの事はない。普通に入れるじゃないか。
制限区域のガードはB埠頭に比べるとセキュリティが高かく、潜り込む事はまず不可能だ。
で、制限区域の外から少し撮影してきた。

天気は生憎の曇りなので空に色が無く抜けの悪い写真だ。
埠頭を後にして、横浜中華街で少し撮った。
相変わらず中国人客が大半だが、日本人客も多かった。
観光地だなぁ〜と実感。
  
Posted by imd at 18:00Comments(3)RX100M3

2018年08月11日

0811:TB-07ストリームの燃費

08/11 天気/晴れ 気温/生命の危機を覚える暑さ
さて、来週から盆休みと言うことでのんびりした週末です。
昼過ぎにストリに給油してきた。
燃費計測2回めの結果は?
前回走行距離=3127.6km
今回走行距離=3195.7km
走行距離=68.1k
給油量=2.7L
燃費=25.2km/L でした。
この間、家と駅との往復だけだったので距離が伸びなかったようだ。  
Posted by imd at 13:12Comments(0)Stream TB07

2018年08月09日

0809:台風13号が過ぎた朝

08/09 天気/曇り 気温/26℃少しむし暑い
台風13号は当初12号の様に、関東に上陸した後に西へ進路を取ると予測されていたが、
千葉の房総沖で東に進路を変えて九十九里浜の沖を通過して行った。
雨風が少し強かったが影響は全くなかった。
雨で空気は綺麗に洗われて、雲は低いが今朝は木更津まで綺麗に見える。
  
Posted by imd at 07:30Comments(0)

2018年08月04日

0804:横浜港 B埠頭

08/04 天気/薄曇り 気温/蒸し暑い 35℃は異常
夕方になって少しは暑さが和らいだので、B埠頭をぶらついてきた。
本来外国船が入港する埠頭は関係者以外の立ち入りが禁止されているエリア。
それでも埠頭までは一般人でも昼間であれば入れるが、接岸エリアはフェンスで隔離されており、ゲートを通過しないと入れないようになっている。
夜間になると埠頭全体が閉鎖されて、関係者のみが出入りするように管理されている。

↑この接岸エリアには関係者以外は入れないようになっている。
外国船が接岸するので、入国管理されているエリアだ。
これはフェンスの隙間から撮影している。

↓ガントリークレーンが立ち並ぶD埠頭
ここも立ち入り禁止エリアなので、離れた所から撮影している。

B埠頭を出て隣のD埠頭に向かう
ところが時間が19時を過ぎたので夜間警備が始まり侵入できなかったので、隣の海浜公園から。
  
Posted by imd at 22:57Comments(0)RX100M3

2018年08月01日

0801:ゴルフのあとに野毛で喉を潤す

08/01 天気/晴れ 気温/35℃
この夏の炎天下の中、千葉:万木城カントリークラブでラウンド。

日焼け止めをしっかりと塗り込んでラウンドしました。
木陰で風が吹いていれば少しは涼しいが、日の下では倒れそうに暑いので、日傘をさしてプレイした。
スコアは Out 48. In 48. Total 96
このコンディションで、距離6,024yd のコースでは上出来。

ラウンド終了後、皆で横浜に戻り野毛で喉を潤した。
明日は仕事なので早々に解散、帰りながら野毛の夜をスナップしてきた。
外国人観光客が結構楽しんでいた。
カウンターでメニューを見ながら店員さんと話し込んでいる外国人カップルは慣れてる感じがした。
  
Posted by imd at 22:00Comments(0)Golf

2018年07月31日

0730:雲の多い夜

07/30 天気/曇り 気温/ぬるい
台風は西日本に過ぎ去ったが、雲の多い天気だった。
夜になると明るい月と下界の工場の照明に照らされて、雲が良い感じで浮かんでいた。
マニュアル設定で撮影、ノイズを低減させるためにISO100・400で撮影したが、
400が良い感じだった。

撮影データは、絞り2.5 シャッター1” ISO400 24mm


絞り2.5 シャッター2” ISO100 24mm
この設定だと、弱い月の光を捉えきれていない。  
Posted by imd at 00:34Comments(2)RX100M3

2018年07月29日

0729:台風一過

07/29 天気/晴れ 気温/暑いし蒸している
昨日、関東の南方海上を台風第12号 (ジョンダリ)が通過し雨と風をもたらした。
通常とは全く逆の東から西へ抜けるという稀な進路だった。
先日、西日本では大雨による洪水被害が出たばかりなので心配されるが、大きな被害はなかった様子。
この横浜では昨日夕方に風と雨が吹き荒れたが2時間ほどでピークは過ぎ、夜半にはおさまっていた。

で、今朝起きてみると夏の空に戻りつつあった。

適正露光だと白飛びしそうなので、下の写真は少し絞ってみた。
見た感じは上の写真の明るさ。
昼からは夏空になるだろう。
・・・、
という予測どおり暑い一日となった。
空もよく晴れていて、夜は綺麗な月が上った。

僕の見た感じではこんな風に見えるのだが、
50mmで撮影すると実際にはこんな風に撮れてしまう。


人の目はよく出来ているな〜  
Posted by imd at 09:30Comments(2)Dialy

2018年07月27日

0727:TB-07ストリームの燃費は?

07/27 天気/晴れのち曇り 気温/涼しい
本日金曜日、会社は有休を取って休みにした。
今月は少々ハードだった為。
のんびりと午後にストリームの給油に行ったので、
キャブのニードルクリップを下げた効果を計測。
まずは、前回の給油時の走行距離
IMG-0226
3039.3km
本日の給油時の走行距離
IMG-0230
3127.6km
前回の給油から88.3km走行した事になる。
今回の給油量=2.78L だったので、燃費は31.7km/Lとなる。
おお、これまでの約20km/Lと雲泥の差だ。
原因はもう一つあって、タイヤの空気圧が異常に低かった。
計測すると1気圧以下だったので、2.5気圧に戻した事も影響しているはず。
燃費で30km/Lを超えていれば50ccなら普通かな。  
Posted by imd at 17:16Comments(0)Stream TB07

0727:夜の根岸公園

07/27 天気/晴れ夜に少し雲が出た 満月 気温/なんと涼しい
台風が関東に向かっている為か、午後から少し雲が出て涼しくなった。
この連日の猛暑からすると秋に向かっているのか?と感じるほどの涼しさ。
夜に帰宅する時に空を見上げると、綺麗な満月が浮かんでいた。
食後にカメラを持って、夜の根岸公園に行って数枚撮ってきた。

競馬場跡

根岸公園

涼しい為か夜の散歩を楽しんでいる人が少し居た。
  
Posted by imd at 00:18Comments(0)RX100M3

2018年07月21日

0721:夜の横浜港

07/21 天気/晴れて夏日 気温/暑い!
日が落ちて少し涼しくなったか?
人気のない湾岸エリアをぶらついてきた。

港への引き込み線

路上においてあるコンテナ
丘の上からのベイブリッジ

スクーターでうろうろ、少し涼しかった。  
Posted by imd at 21:44Comments(0)RX100M3

2018年07月10日

0710:応援したい日本人

07/10 天気/この時間、今は晴れている 気温/暑い熱帯夜だ

7月4日に報じられた気になる記事があった。
「南仏で自然派ワインを造る日本人夫婦に退去命令、フランス国内で沸き起こる議論」
フランスでは大きな問題になって各テレビ局が取り上げているらしい。
この件についてはネット上の色んな所で掲載されているが、世界の最新ワインニュースを掲載しているこちらがもっとも詳しい。→WIN REPORT 世界の最新ワインニュースと試飲レポート
Blanques Pedres
この記事にある様に、南仏バニュルスで自然派ワインを造る日本人の庄司宏史・リエさん夫婦が、収入不足を理由にピレネー・オリエンタル県から退去命令を受けて苦境に立たされており、夫婦をサポートするネット上の嘆願署名が3万件以上も集まり、フランスのメディアも同情的に報じている。と言う内容。
このお二人のフランスにおける経歴が素晴らしい。2011年からフランスで暮らしワイン農場で働きながら栽培と醸造の資格を取り、リエさんは大学で醸造の卒業資格も得ている。昨年二人は自己資金と銀行融資で土地を購入し本格的にワイン製造に取り組み始めたとの事。

お互い、ワインが好きで、自分で作りたいと思い渡仏したのだろうが、言葉の壁も乗り越え、フランスで必要な資格を取得して土地まで購入。ついに自分のワインを出荷し高い評価まで得ている。
庄司宏史・リエさん夫婦は30代との事。

素晴らしい!
サッカーの日本代表の活躍に感動したが、それ以上のものを感じている。
是非この苦難を無事に乗り越えて欲しいと思う。
お二人とも、すごい行動力だと感心する。
ワインが好き。だけではここまでの行動力に繋がらないでしょう。
もっとお二人の事を知りたくなりました。

彼らの救済嘆願サイトはこちら→Non a l'expulsion des vignerons japonais de Banyuls !
7/4時点では嘆願署名が3万件とあるが、先ほど署名しに行ったら、すでに6万件を超えていた。
僕も一票入れて来ました。
って、この記事を書いている間に署名が20件以上増えてる!

庄司宏史・リエさん夫婦のワイナリーは、「Blanques Pedres」白い石 という意味らしい。
3つ星レストランでも提供される程、高い評価を得ているそうです。
ちなみに、日本国内ではただ1軒、北海道のワインショップさんで扱いがある様です。
フランス ワイン輸入・販売 二番通り酒店
どうやったら買えるのかな?
支援のために一本欲しいな。
Blanques Pedres
最新情報では、行政側との話し合いの結果3ヶ月の猶予が与えられ、収入に関する書類を揃えて出す事で退去命令については再検討される可能性が高まった様です。
このまま南仏に留まりワイン作りができる様に祈ります。  
Posted by imd at 23:30Comments(0)Dialy

2018年07月08日

0708:各地の大雨で大変な状況だが、、

07/08 天気/晴れ 気温/暑い、夏の陽気だ

西日本では大雨が続いており、九州の福岡でも避難勧告が出ている。
岡山では浸水被害が多く出て、ヘリによる救出も行われる事態。
停電、断水など生活に影響が出ている。
先月、観測史上最速の梅雨明け宣言をおこなった気象庁だが、早まったか!?と言うほどの大雨。
西日本は大荒れなのに、この関東地区は夏日が続いている。
今日の横浜はまさに夏日で照りつける太陽は真夏のようだった。
この陽気も今日までで明日からは崩れていく予報。
その為か、今日の夕暮れは雲の多い空だった。

明日は傘がいるのかな?  
Posted by imd at 23:56Comments(0)Dialy

2018年07月06日

0706:Rubber soul - Norwegian Wood はノルウェーの森では無い

07/06 天気/曇り時々小雨 気温/湿度90%以上の蒸し風呂だったが夕方から雨で冷え込んだ
THE_BEATLES_RUBBER_SOUL
The BeatlesのRubber Soulを始めて聞いたのは、中学生の時に高島健太の部屋だった。
健太は僕より一つ上の幼馴染で、賢く少し斜に構えた所のある、格好良い奴だった。
部屋に入るとBeatlesが鳴っていたが、はじめて聞く曲ばかりだったので、
このアルバムは何?と聞いたら、ラバーソウルだ。と教えてくれた。
健太の部屋に居る間、繰り返しずっと鳴っていた。
それから間もなくして、自分でラバーソウルをテープにダビングして聞くようになった。
出だしの1曲目は乗りの良い Drive my car だ。
2曲目に Norwegian Wood が収録されている。

テープにダビングだけして歌詞カードなんて読んでもいないので、歌の中で聞き取れる単語だけで、なんとなく、彼女とノルウェーの森にある部屋でワインを飲んでいる歌と理解していた。
ジョージ・ハリスンのシタールの音がなんとも不思議な雰囲気を出していて、このアルバムの中でお気に入りの曲となった。

Beatlesの歌は優しい単語で綴られていてわかりやすいと言われる反面、歌詞の内容については難解な物が多いと言われる。
この Norwegian Wood もその一つと聞いていたが、深く知ろうとはしなかったのは、自分の中で、曲の雰囲気と歌詞のマッチングが出来ていたので、改めて正しい歌詞の内容を知ろうとは思わなかった。それに、村上春樹のノルウェーの森を読んで、さらに曲のイメージが固まっていたからだ。

今日のJB Pressの記事に、【翻訳して分かるビートルズ名曲の真実 『Norwegian Wood』は『ノルウェーの森』ではない!】と言う題目を見つけた。
え、ノルウェーの森では無い?ってどういう事?
だって、Norwegian Wood って歌っているではないか、何が違うの?と興味をひかれたので記事を読んだら、、、、、
聞き始めて40年以上経ってはじめて知る歌詞の真実に、さすがレノン&マッカートニー!と笑った。

Wikipediaで検索すると正しい解釈について触れられているが、元記事の方がより詳細だ。
詳しくはこちらで↓(リンク先原稿がいつまで読めるのかわからないが、、、)
翻訳して分かるビートルズ名曲の真実『Norwegian Wood』は『ノルウェーの森』ではない!
ジョンとポールがそれぞれインタビューで語っているので、歌詞の意味はポールの言う通りだろう。
歌詞の翻訳にも幾つもパターンがあり、大学準教授が解説しているこちらも楽しい。
ノルウェイの森? 何じゃそりゃ?  
Posted by imd at 19:00Comments(3)Music