2007年06月19日

0619:電脳コイル って知ってる?

denno1
6/19 NHKで放送されている「電脳コイル」というNHKエンタープライズ制作のアニメーション。5月から放送されているらしいのですが、見たのは6/15の夕方。なんでも1話から5話までの集中放送だったみたい。で、自転車練習から帰ってシャワーを浴びてTVを付けたらたまたま放送されていたという具合。
まず、ストーリーが全くわからないので、必然的に絵に目が行く。で、キャラクターは受け狙い(いわゆる萌え系)ではなく、意識して普通に描かれていて綺麗な仕上り。動きも滑らか。走ったり跳んだりの動きの描き方が非常に上手い。
舞台設定は日本の近未来らしい。しかし、電脳というかバーチャルフィールドが普通に生活の中に存在しているという、一種甲殻機動隊のような世界。しかし、その世界は日本の標準的な日常風景に溶け込んでいて意識させるような描かれ方をしていない。どうやら金沢辺りとの事。この世界の中で小学生達を主人公にストーリーが展開されていく。
まぁ、詳しい所はHPで確認していただくと良いので、素直に感想を。
モニターの代わりとなるバイザー(眼鏡)をかける事によって、日常風景の上にバーチャル空間を重ねて見る事ができる仕組み。
わかりやすいイメージがあった。↓
coil-2

だからどこでも情報画面は出てくるし、空中に浮いた状態で見る事ができる。たまげるのは、それらを掴んで移動させる事ができるんですよ(@_@;) いったいどうなんてんの??アニメの設定に深く考察しないけど。笑って済まそう。ストーリーはこのバーチャル世界にある事件が起こりつつあるみたいで、その事件に主人公達がからんでいくという感じ。キャラでは一部トトロSF版みたいなのが出てくるが、愛嬌で済ませましょう。
暑苦しいテーマが設定されているようには感じませんが、それにしても淡白なアニメとなっています。ふ〜んという感じで見てください。この感覚についてこれるかな?