2010年12月12日

1212:海の中道 3時間耐久 MTBレース

12/12 天気/晴れ 気温/少し寒いかな

さて、心配された天気にも恵まれて、無事レースが開催されました。

チーム4040:私=I、S松、S根 3名。
目標は事故無く完走を目指す、なんちゃってMTBレースになってます。
(3人とも四捨五入すると50なので)

9:00 駐車場到着(9:30開場とあったが、開いてました)
MTB_3h

9:30 会場到着(ベース作り)
MTB_3hMTB_3h

10:00 選手受付&コース試乗開始
10:45 ブリーフィング
MTB_3hMTB_3h

11:00 START (スタートはS松)

スタートしました。
最初の直線はロードレースゴール前スプリントか?
と思うほどの速度で過ぎていきました。(まじですかい??)
気合の入り方が違いすぎる。
その中後方をのんびり、われらのS松がツィ~~~~~と過ぎてゆく。
コース1周(約1.78km)を平均約6分で30周周回する予定。
出走順番は、1番:S松、2番:私、3番:S根の順。
MTB_3hS松の熱い走り!
MTB_3h私のツーリング気分の走り。
今回はf400を二人で乗るので、
SPDペダルではありません。
よってビンディングシューズではなく、
普通のランニングシューズです。
MTB_3hS根のこれまた熱い走り。
転倒しても平気!

一人3周で交代を行います。約20分毎に交代する予定です。

すぐに交代。
計測ICチップを足首につけてコースイン。
まずは、松林の中をグネグネと曲がるコース。
先行者の走りをよく見て、コーナーの入口でインをついて抜きます。
と、同時にアウトからガシガシと早い選手に差されます。
抜いたら抜けれるという状況。
松林を抜けて舗装路のゆるい傾斜をのぼって、
開けた野外音楽場にでる。
少し下っている裏のストレートを踏み倒す。
その勢いを借りて反対の斜面を駆け上がります。
MTB_3hMTB_3h

そのまま下り、松林セクションへ。
またグネグネと曲がって、最後の急斜面に出ます。
ところが、二日前の雨が乾ききっていなくて、
路面がぬたぬたの泥ねい状態。
なんとかやり過ごして乾いた斜面を選んでよじ登る。
ここで一気に体力を削られます。ブフェ~という感じです。
その先、芝生の斜面を下って1周終了です。

僕のベストラップは05:21:024 19.96km/hでした。
最速LapはS根:05:16:541 20.24km/h

f400 の具合は、まぁそこそこですね。
Fサスが基本スプリングのみの、ボヨヨンサスなので、
ちょっと暴れますが、無いよりまし?と言うレベル。
シフターは問題なく稼動してます。
ブレーキは効きが悪い。
Vブレーキは泥に弱いね。やはりディスクなのかな?
でも、タイトブレーキングの場面なんて無いので、これで十分といえば充分ですね。
10年前のOLD MTBでツーリング気分です。

エントリー車の多くはフルサス仕様ですが。
ハードテイルも結構います。
リジットもちらほら。(OLDリッチーも見かけました)

人気バイク
・ゲイリーフィッシャー : 一番多かったように思う。
・S-Works : スペシャライズドのワークスマシン 上位のポイントを競っているようなチームはほぼこれ。
・TREK : 定番ですね。
・GT : ちらほら
・ルイガノ : ファミリーの方に多かった。
・Cannondale : ほとんどいません。5台ぐらいかな? VOLVO-Cannonがいましたね。

結果:
スタート1周目時点での順位:65位
ゴール順位:94チーム/65位 (中の下)と言う結果でした。

スタート時のポジションから、抜きつ抜かれつしながら順位を保ったって事でした。

リレー方式は疲れが少ない。
これなら楽しめそうだ。
しかし、若い人は早いな~

遠くは愛知から、九州は沖縄除くほぼ全県から参加と言う感じ。
意外と人気あるんですね。

MTBレース。
いやいや、面白い。
できれば、ロングライドで、
阿蘇あたりでないかな~
エンデューロとか楽しそうですね。
MTBも楽しい。

ロードとは全く違う感覚です。
ロードの100kmとかも景色が変わって楽しいですが、
数人でわいわいやるにはこういうレースも楽しいですね。
来年も出ようっと。
<反省点>
やはりSPDペダルでないと、上りがきつい。
途中でペダルを踏み外すなど、
クリートの重要性を思い知った。
MTB_3h