2014年01月05日

0105:Zero Gravity

1/5 天気/晴れ時々曇り 気温/底冷えしています
Gravity
画像1
お正月映画として奥さんと【GRAVITY】(邦題:ゼログラビティ)を見に行って来た。
もちろんこの映画は3Dで見るのがお勧め。
で、字幕か吹き替えか迷ったが、キャストがジョージとサンドラの二人だけ、会話による演技が主となる為、字幕の方を選択。
3D映像で字幕が前面に浮いてくるのがちょっと煩わしいと感じたが、途中からは慣れました。

さて、ストーリーはシンプルで90分の無重力体験と宇宙からの脱出です。
スペースシャトルがハッブル望遠鏡のメンテナンスを行っている所から始まります。
船外活動が初めてのライアン博士(サンドラ・ブロック)、その周りをベテラン宇宙飛行士のマット(ジョージ・クルーニー)がスラスターパックを装着して遊泳しています。
ここは、宇宙から眺める地球の美しさと、3Dの効果が良く出ています。

ライアン博士が予定通りに修理が進まず苦労していると、横からマットが軽口を挟みます。
カントリーをBGMで流しながら気楽な雰囲気です。
と、地上の管理センター:ヒューストンから大至急作業を中止して船内に戻るように指示が出ます。
ロシアが自国の人工衛星を破壊廃棄した為に、その破片がこちらに向かっていると言う。
急いでシャトルに戻ろうとしますが、すでに宇宙ゴミ(デブリ)が弾丸のように襲来。
シャトルが被弾しライアン博士は宇宙空間に放り出されてしまいます。
デブリが衝突するシーンが凄まじいです。
破片がこちらに向かって飛んでくるのですが、思わず首をすくめること数回。

漆黒の闇の彼方へ遠ざかるライアン博士の姿をカメラが追います。
放り出された時の慣性でくるくると身体が回転している様子がだんだんと近づいてくる。
呼吸も荒く、誰か!と叫ぶ。
カメラはどんどんライアン博士に接近してそのまま宇宙服のヘルメットの中の視点に変わります。
回転し続ける身体を制御できない。
制御する為のスラスターを持っていないので、回転運動は減速する事無く継続している。
見ている方も酔うようなシーンです。
そこに、ライトを照らして自分の位置を示せ。とマットからの通信が。
見つけた。すぐに行く。
スラスターパックで接近してきたマットにようやく捕えてもらい回転を止める事ができて一安心。
これから引っ張るので少し離れるから。という言葉にライアン博士はパニック。
まさに海でおぼれている様な状況になります。手を離さないで!!!と。
ミッション訓練はしていても自由遊泳の経験が無いとこうなるんだろうなぁ。
無重力空間で溺れる感覚、、、、

シャトルに戻ると大穴が開いているひどい有様で、とても再突入出来ない損傷。
中に乗っていたクルーは全員死亡しているし。
すぐさま、わずかなスラスターパックだけで、100km先に見えるISS宇宙ステーションに移動する決断をするマット。

良く聞く話だが、宇宙空間では距離感が掴みづらいらしい。
真空なので何処までも物がはっきりと見え過ぎて、遠くにあるものがすぐ近くに感じるらしいです。
そんな空間を感じさせるシーンです。

映画の中でマットは100km先のISSに移ると言っている。
移動時間はおよそ10分だった。この情報を基にこのシーンの位置関係を考えてみた。
Gravity1
ざっくりと図解するとこうなる。
ハッブル望遠鏡の軌道高度が約560km 7.5km/s
ISSの軌道高度が370km 7.71km/s
高度差が190km、速度差0.21km/s(756km/h)です。

高度560kmでデブリの衝突事故が発生し、ライアン博士が運よく下方に投げ出されたと仮定。
マットが追いかけてきて無事にランデブー出来た時点で90km高度を下げていたとしよう。
(シャトルに一旦戻っているから、シャトルも一緒に90km高度が下がったとする)
ISSまでの高度差100km、ここから10分でISSに到達するには、時速600kmで降下しないと間にあわない。
一方、ISSは彼方から時速756kmで接近してくる訳ですから、まともにぶつかると木っ端微塵になっちゃいます。
映画の中では、相対速度差10〜20km/h位で描かれていましたが、そんなに生易しいもんではないようです。
つまり、ハッブルからISS、ISSから中国ISS(天空)に梯子して移動なんて不可能なんですよね。
そもそも、高度も周回軌道もそれぞれ異なるので、どう考えても不可能だ。

という細かい事は気にせずに美しい映像を楽しむ方が良いです。
その価値はあります。
そうそう、冒頭で地上のヒューストンと無線交信しているんですが、この通信の声を担当しているのが、あのエド・ハリスさんです。
エド・ハリスといえば!【アポロ13】で、ジーン・クランツを演じています。
もっと前にはライトスタッフでジョン・グレンを演じています。
どっちもはまってました。
アルフォンソ・キュアロン監督わかってらしゃいます。Good.

専門家から見たこの映画の疑問点については、こちらが詳しい
映画ゼロ・グラビティについて(宇宙科学研究所)

この記事へのコメント
DVDレンタルして見ました。
緊迫感を出すための演出として酸素残量が短いのか? ですが、宇宙ステーション間の距離と短すぎる移動時間が無理すぎる映画でした。
妻いわく、「ずっと女の人が揺れているだけの映画、よく二時間近く持たせたねえ」だって。痛烈!

映像は綺麗でした。飛行士が船外からノックするシーンが一番の見所でした。
Posted by kaa at 2014年06月02日 07:00