2014年07月27日

0727:ちょっと横須賀まで

7/27 天気/晴れ 夕方に雷雨 気温/暑い
先週は鎌倉まで往復してみたので、今週は横須賀まで行って、自衛艦を見てくる事にした。
先週同様のルートで「ドルフィン」を過ぎて磯子に下る。
DSC03037
「ドルフィン」そうです、荒井由実の 海を見ていた午後 に歌われる、
山手のドルフィンは〜
静かなレストラン〜 は、ここの事ですね。
今ではマンションが立ち並んで港はほんの少ししか見えなくなったようです。
今のドルフィンは1998年に建て直されて昔の面影はありません。
MISSLIMが発売された1974年当時のドルフィンは平屋木造で、アメリカン調の建物だったようです。
この話はまた別の機会に。
磯子から湾岸根岸線の首都高下を南下し、八景島を左に見ながら野島町に渡りショートカット。
16号は走りづらいので、裏道ルートで艦隊司令部を過ぎ、海寄りを走ります。
横須賀駅手前で16号に出て、横須賀駅に到着。
DSC03043

今日の横須賀港に停泊している艦船は3隻。
目の前に停泊しているのが、
むらさめ型護衛艦 JMSDF DD-101 MURASAME class
DSC03040
海上自衛隊の第3世代汎用護衛艦。はつゆき型(52〜57DD)の老朽化に伴い、1991年度予算で初めて導入された。
船体はステルス性を考慮して設計されており、また新型装備に対応して大型化しているため機関も強化されている。
レーダーやソナー、コンピューター、さらにミサイル兵器も全面的に刷新された。(Wikipedia)

その後ろに停泊しているのが、
DSC03042
あすか(試験艦)JS Asuka, ASE-6102
海上自衛隊としては15年ぶりの試験専用艦で、省力化やステルス化を目的とした艦載兵器実験艦。(Wikipedia)

反対側には、
アメリカ海軍 第7艦隊 横須賀基地所属のミサイル駆逐艦、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の32番艦。
DSC03039
USS Lassen, DDG-82 ラッセン(イージス艦)が停泊中。
アメリカ艦船は自衛艦と比べて少し明るいグレーに見えます。
自衛艦の方が引きしまった感じに見えますね。

帰りは16号を走り、八景島に出て、行きと同じ湾岸根岸線の下を通過。
根岸まで来た所で雷雨にあってびしょ濡れ。
DSC03046
DSC03048

ドルフィンの前の坂がきつかった。