2017年02月18日

0218:ビンテージ ミニ三脚

02/18 天気/晴れ 気温/寒の戻り 三寒四温で暖かくなる途中って感じ
100円で売りに出ていたノーブランドのミニ三脚を入手。
これが昭和な雰囲気がして良い感じ。

一見ミニモノポッドに見えるのですが、、、

底部を緩めると中から、、、

このようなパーツが出てきて、、、

開くと三脚に、、、

脚を開いた状態で底部を戻すとこの様にミニ三脚になります。
こう言う古い三脚には古いカメラを乗せると良い。

意外と耐荷重があって、デジタル一眼を乗せてもなんとか大丈夫。

ブランド名が無いので、ネットで画像検索してみましたが、それらしい物はヒットしません。
試しに今はない用品メーカーで検索すると、2件出てきた。
一つは、アメリカのオークションサイトに掲載された写真で、
「Vintage Samigon Table Top Aluminum Mini Tripod Camera Japan Like Velbon Auto-pod」
Vintage Samigon  Mini Tripod Camera Japan Like Velbon Auto-pod
アメリカのSamigonというメーカー名が入っていますが、タイトルには日本のVelbon Auto-podに似た物とタイトルが付いています。
Velbonは70年代にアメリカに進出しているので、OEMしていたのかもしれません。
もう一つは、flaristさんのHPで、横浜 みなと商会のブランド:Minette(マイネッテ)のミニ三脚が紹介されていました。
写真は無断掲載できないので無し。リンク先で見てください。
今回手元にやってきたこのミニ三脚との相違点は、雲台の赤いラインが黒と言う所だけです。
ここはプラスチックリングで別体になっているので、色違い部品を差し替えるのは造作も無い事。
では、一体どこの製品なのか?と言うと、
おそらくVelbonが原型で、日本のMinetteや米国のSamigonにOEM提供していたのではないか?
では、なぜこの三脚にブランドネームシールが無いのか?
そこは謎です。(シールを剥がしちゃったのかな?)

そういえば忘れていたが、ミニ三脚っぽいのが1台あったな。
HAKUBA FLATPOD-L1

現在はすっかりCanon AE-1の置台と化しています。
重量級一眼にも耐えるしっかりした構造ですが、稼働の自由度が低いのでお蔵入りしています。
購入は赤羽時代なので、25年ぐらい前かな。

三脚ばかりあってもしょうが無いのですが、良いデザインの物に出会うとつい。
しかも100円ですよ。もったいない。(送料¥650と言うのが泣ける)
使ってあげないとね。
使うかな?
脚部の高さが低いので、足元がフラットな所でなければ使えません。
Table top mini tripodと呼ばれているのも頷けます。

この記事へのコメント
AE-1 の置き台(笑)
当時何故かそれが欲しかったなぁ。
Posted by kaa at 2017年02月18日 20:59