2018年05月02日

0502:自転車用LEDヘッドライト

05/02 天気/晴れ後曇り 気温/暖かいが少し肌寒い
ロードに付けているフロントライトはポジションライトのみで、道路を照らすライトは付けていない。
安全の為に日が暮れる前に帰宅する事を前提として夜間走行を考慮していないからだ。
輪行サイクリングだと日没後の走行もあり得るために、フロントライトを購入した。
求める明るさは、CATEYEのVolt400と同等の照度400ルーメンのLEDライトを基準とした。
使用頻度はそれほど高くはないが充電式でコンパクトなデザインを探した所、Amazonで2,000円以下でなかなか良い物が見つかった。
【改良版】 AILUKI フロントライト ヘッドライト(中華製)
2500mAh USB充電式 高輝度4モード 自転車前照灯¥1,699(税込・送料込)

本体はアルミ製でしっかりしている。
防水性能は、IPX3*の表記がある。正当に試験しているか怪しいが、雨ぐらいなら平気そうだ。
(IPX3*=防雨形 傾斜60°の範囲の散水に対して保護されている)
このライト特徴的な点は、【高輝度+アンチグレア】Cree社の高輝度LEDを光学レンズとリフレクター角度の設計でアンチグレア効果を出している点で、対向車に眩しくないフロントライトとなっている。
通常のライトだと同心円状に光が散光するが、このライトはリフレクターの設計で上方への拡散をカットしている。
この写真を見るとその効果がよく分かる。

これは良い。
実際の光の具合はこんな感じ。
↓400ルーメン(最大発光)ブレーキワイヤの影が気になる、、、

↓200ルーメン(50%発光)

↓従来のポジションライトだけだとこの様に全く路面を照らすことが出来ない。

↓ライトの側面には赤いポジションライトが灯るようになっている。

この赤いライトは充電中にも点灯するようになっている。(充電が完了すると緑になる)
ランタイムは実際に使ってみないとわからないが、レビューを見ると最大発光で4時間は使えるらしい。
ブルベにでも参加しない限り、4時間以上も夜間走行することはないので不便は無いだろう。
おまけでリアライトも付いて来たので、相当お買い得品です。
※ブレーキワイヤの影を無くすためには、ライトをハンドルセンターに設置する必要がある。
その為にはアクセサリーホルダーが必要だ。

この記事へのコメント
実は私も自転車用LEDライトの記事を先々週から書く予定で、添える写真を後で撮影しようと思いつつ2週間経過、まさか先を越されるとは。(笑)
LEDライト、良いよね。(^^)d
Posted by kaa at 2018年05月03日 07:25
それは楽しみだ!
待ってます。
Posted by imd at 2018年05月03日 07:27