2018年05月12日

0512:那須 天空の宿(ロード初落車)

05/12 天気/曇り時々晴れ 気温/(那須)暖かいが日陰は涼しい。
今年の天空は、森永君のお父様が亡くなられた事で不参加なので、一人で横浜から行く事 になった。
一人で車で行くのは不経済。高速往復で1万円、ガス代が約5,000円掛かり、宿代の1万円以外に15,000円掛かる事になる。
で、趣味を兼ねて自転車輪行で行く事にして、輪行袋等々を購入して準備万端。

行程は、
自宅から石川町駅まで自転車 ここでバラして輪行袋にセット。
8:54 石川町駅出発 横浜駅で乗り換え

9:19 横浜駅発 湘南ライナー 宇都宮行き

11:45 宇都宮駅着 黒磯行きに乗り換え
11:56 宇都宮駅を出発
12:46 黒磯駅に到着 料金は3,020円 (高速代より2,000円安い)
大宮を過ぎるといきなり乗客が少なくなり、脚を伸ばしてのんびり、、、
、、、がっつり寝てしまった。
車だとこうは行かない、電車は楽だ。

人気の少ない黒磯駅改札を出てのんびりと自転車を組み立てて出発。
(黒磯駅は東北新幹線が真上を通っているが停車駅では無いローカル線の駅)
お、駅前に旨そうな蕎麦屋を発見。13時だし昼飯だ。

腹が丁度良くなって出発。
ルートは黒磯から17号 那須街道を北上して那須高原、一軒茶屋を目指す。
那須の御用邸付近を散策して、高原別荘地帯を横切る266号で天空に向かう。

17号は一軒茶屋までずっと緩やかな登りが続く。
のんびりと20km/h程度で流していた。
那須リゾートショッピングパークというロードサイドの店を過ぎてバス停に差し掛かった所で、大きめの黒い虫が飛んで来て右腕に止まった。
左指で弾いたが頑固で飛んでいかない、もう一度強めに弾いたらやっと飛んで行った。
視線を右腕から前輪に戻すと、、、縁石が目の前!
あっ!と唸るだけで、ブレーキ操作も出来ないまま突っ込んだ。
ガツンと言う衝撃で自転車が跳ねた。
転けるなら左側!と身体を意識的に倒す。
クリートからシューズが抜けていないので、肩から落ちると怪我が大きくなると思い左の脛から着地。
左のお尻の辺りにもズリッと言う感触。
自転車が倒れた事でクリートからシューズが外れ自由になった。
身体を回転させて受け身をとって立ち上がった。
と、ザックのサイドポケットに突っこんでいたカメラケースが勢い良く転がっていくので、走って拾い上げた。
自転車は歩道の中に倒れていて、後続車も無く安全を確認。

左脛を確認すると、盛大な擦り傷ができていた。
何故か右手親指から血が滲んでいる、付け根が痛いので突き指したらしい。
自転車の状況は、当然ながら前輪がパンクしているが、ホイールは変形していない。
さて、傷の手当てと修理が必要。と、見回しても自販機も休める場所もない、、、、
ちょっと先まで歩いて自販機のある木陰を見つけたので、ここで処置を行う。
まずは冷たい水を買ってその水で両手を洗い、左脛の擦り傷を丁寧に洗う。
擦り傷手当の基本は、流水で丁寧に洗い、ゴミや不純物を洗い流す事にある。
傷はかなり広範囲なので、バンドエイド等での対処は無理だな、、、
というか、ファーストエイドキットを持って来ていないので、この場では傷口を洗うしか対処出来ない。
最低限のエイドキットは必要だな、、、、
前輪のパンク修理に取り掛かる。
ホイールを細かくチェック、結構な衝撃であったがに変形は無い、ラッキーだった。
サドルバッグを開き、タイヤレバーと予備チューブを取りだす。
タイヤを外してチューブを抜いてチェックすると、通常のリム打ちパンクだが、大きめの穴が開いている。
複数の可能性が考えられるので、パッチを充てる修理では完全に修理できるか不確実な為、チューブ交換が確実。
サクッと交換してエアを入れ直して組み直し、ホイールの振れをチェックしたが問題なし。
残念な事に、交換したばかりの左ハンドルのバーテープが切れている、残念。
左のSTIレバーに大きな傷が出来て、カバーも割れている、交換かな?

ここまで転倒してから約20分。
擦り傷をカバーする治療具がないので、一旦黒磯の町まで戻って薬局を探す事にする。
戻り始めてすぐにセブンイレブンがあったが、大判の傷テープは無かった。
黒磯の薬局で大判のカットバンを買い求めた。
おばちゃんが、「あらあら大変、消毒しなきゃ、マキロンは要る?」と聞くので、
「マキロンは不要です、白血球も死んじゃうんで。」と返答。
薬局の中で、大判のカットバンを2枚貼りつける簡易処理をさせて頂き、再スタート。
この時、ワセリンを買えば良かったと後で後悔した。

大磯に戻った事で振り出しに戻ってしまった。
時間が押してしまったので那須街道ルートを断念し、最短距離である板室街道に変更。
那須高原に向けて上がる訳なので、当然ず〜〜〜と登り。
集合予定時間15時を大幅に過ぎた16:20に天空に到着。
自転車で登場したら受けたけど
浜田君のGRで2浜田君のGRで1
写真は浜田君がGRで撮った物を拝借。
30km程度しか走っていないが、えらい疲れた、やれやれ。
2018-05-16 那須ツーリング

しかし、15年ロードに乗っているが、立ちごけ含め落車して怪我をしたのは初めて。
こんなに盛大に擦り傷を作ったのは数十年ぶりだ。
最後は何時だ?
確か大学時代に、スクーターで車とぶつかった時だと思うので、37年ぶりかな?
あの時は背中と腰に擦り傷を作って、風呂が大変だった記憶がある。

<自転車の損傷具合〉
ハンドル:左のバーテープが二箇所切れた→要交換
シフトレバー:左のレバーに大きなキズが二箇所&ネームプレート脱落→交換が望ましいが部品が手に入らない。ブラケットを新調するか悩みどころ。
サドル:あれだけ派手に転けたのに奇跡的に損傷なし
フレーム:損傷なし
ペダル:擦り傷が少し増えた→問題無し
走行機能に影響はないが、シフトレバーの傷が気になる所。

ロード用のファーストエイドキットを組む必要がある。
なるべくコンパクトに、且つ、今回のような傷に応急処置出来る内容で。

この記事へのコメント
iスクーターで車の左折に巻き込まれたアレを擦り傷と一緒にしますか? 死にかけてたよね?(笑)
その他、スクーターで自動車学校?入り口のチェーンに突っ込んで宙に舞った時にも死んだかと思ったなぁ。(笑)
Posted by kaa at 2018年05月15日 23:11
ははは、事故の程度で比較すればおっしゃる通り(笑)
転んで擦り傷を作るなんて、本当に久しぶり。
湿潤療法を試していますが、凄いなこれ!
三日目で傷の再生が進んで、真皮が形成されつつあります。
消毒薬も傷薬も全く使わないのに、傷は化膿もせず治っていく。
痛みも一切無い。
Posted by imd at 2018年05月15日 23:43