2018年05月24日

0524:LEZii GW10 イヤーピースを改造する

05/24 天気/晴れ 気温/蒸し暑くなってきた
LEZiiのイヤーピースをSoundPeats Q12のSサイズに変更して今日一日使ってみた。
結構装着感が良くて安定しているし、遮音性も高いので低音の効きも良い。
しかし、バッテリーケースにしまう時に、イヤーピースを外さなければならないのが非常に面倒だ。
帰宅して、標準のイヤーピースとじっくり比較してみた。
外径は若干大きいが、バッテリーケースにはなんとかねじ込むようにすれば収まる。
問題は長さが長いためにケースから飛び出るし、何と言っても充電接点に触れないので、充電されない点だ。
長さを図ってみると、、、

付属のイヤーピースの高さは6mm

Q12のイヤーピースの高さは9.1mmで3mmも高い。
これじゃ、収まらないし接点にも触れない。
要は高さを揃えれば行けるんじゃないか?という事でカットすることに。
まずはカットする前の状況。
左がQ12のイヤーピースを付けた状態で、右が標準イヤーピース

で、さくっと2mm程カットして取り付けてみた。

おお、何か良い感じ。
カットする前と比べると

全然高さが違う。
では、バッテリーケースに収まって充電できるか?

ケースに入れてみるとこんなに違う。
イヤーピースの外径がちょっと大きいので、ねじ込むような感じで入れうようになるがなんとか入った。
左がカットした方で、右がカットしていない状態。
肝心の充電は出来るか、、、?

おお〜、ちゃんと出来てます。赤い充電中ランプが点灯しています。
では、もう片方もカットして、高さを揃えました。

両方をケースに入れてみる。

無事に両方共充電開始されました。
これで、ケースに入れる度にイヤーピースを外さなくても大丈夫。
本来の使い方が出来るようになりました。良かった。
充電中は、ケースを引き出す透明ラバーの引き手が青く点灯し、充電が完了すると消灯します。
なかなかおしゃれな演出です。

問題の装着感ですが、さすがに浅い感じはしますが、標準のイヤーピースに比べると全然こちらの方が密着感が高いです。
低音の効き具合にもそれほど影響はないようだ。

LEZii GW10のイヤーピースには、SoundPeats Q12のイヤーピースSサイズを2mm程カットして使うと具合が良い。
さらに、イヤーピースの中にウレタンスポンジを入れることで密着性と遮音性が高まる。
100円ショップのセリアでイヤホン用ウレタンイヤーピースというのが売っているので、ちょいと改造するだけで使える。

この記事へのコメント
カットしても使えるイヤーピース、しかも互換性ありで良かったですね。
僕はBluetoothイヤホン(片耳用)二つ持ってるけどイヤーピースには全く互換性無いです。
Posted by kaa at 2018年05月27日 11:31
九州にセリアって100円ショップはあるのかな?
ウレタン製イヤーチップを活用すると具合良いですよー
Posted by imd at 2018年05月27日 11:58