2018年07月10日

0710:応援したい日本人

07/10 天気/この時間、今は晴れている 気温/暑い熱帯夜だ

7月4日に報じられた気になる記事があった。
「南仏で自然派ワインを造る日本人夫婦に退去命令、フランス国内で沸き起こる議論」
フランスでは大きな問題になって各テレビ局が取り上げているらしい。
この件についてはネット上の色んな所で掲載されているが、世界の最新ワインニュースを掲載しているこちらがもっとも詳しい。→WIN REPORT 世界の最新ワインニュースと試飲レポート
Blanques Pedres
この記事にある様に、南仏バニュルスで自然派ワインを造る日本人の庄司宏史・リエさん夫婦が、収入不足を理由にピレネー・オリエンタル県から退去命令を受けて苦境に立たされており、夫婦をサポートするネット上の嘆願署名が3万件以上も集まり、フランスのメディアも同情的に報じている。と言う内容。
このお二人のフランスにおける経歴が素晴らしい。2011年からフランスで暮らしワイン農場で働きながら栽培と醸造の資格を取り、リエさんは大学で醸造の卒業資格も得ている。昨年二人は自己資金と銀行融資で土地を購入し本格的にワイン製造に取り組み始めたとの事。

お互い、ワインが好きで、自分で作りたいと思い渡仏したのだろうが、言葉の壁も乗り越え、フランスで必要な資格を取得して土地まで購入。ついに自分のワインを出荷し高い評価まで得ている。
庄司宏史・リエさん夫婦は30代との事。

素晴らしい!
サッカーの日本代表の活躍に感動したが、それ以上のものを感じている。
是非この苦難を無事に乗り越えて欲しいと思う。
お二人とも、すごい行動力だと感心する。
ワインが好き。だけではここまでの行動力に繋がらないでしょう。
もっとお二人の事を知りたくなりました。

彼らの救済嘆願サイトはこちら→Non a l'expulsion des vignerons japonais de Banyuls !
7/4時点では嘆願署名が3万件とあるが、先ほど署名しに行ったら、すでに6万件を超えていた。
僕も一票入れて来ました。
って、この記事を書いている間に署名が20件以上増えてる!

庄司宏史・リエさん夫婦のワイナリーは、「Blanques Pedres」白い石 という意味らしい。
3つ星レストランでも提供される程、高い評価を得ているそうです。
ちなみに、日本国内ではただ1軒、北海道のワインショップさんで扱いがある様です。
フランス ワイン輸入・販売 二番通り酒店
どうやったら買えるのかな?
支援のために一本欲しいな。
Blanques Pedres
最新情報では、行政側との話し合いの結果3ヶ月の猶予が与えられ、収入に関する書類を揃えて出す事で退去命令については再検討される可能性が高まった様です。
このまま南仏に留まりワイン作りができる様に祈ります。