2018年10月06日

1006:OLYMPUS OM-2 問題解決

10/06 天気/晴れ 気温/涼しい
昼間の明るい光の中で、フィルムカメラのお掃除を行なった。
ブロワーで表面のホコリを飛ばして、布で拭きあげる。
レンズはレンズクリーナーで綺麗に。
OM-2のレンズを外してミラーを確認するが特に問題ない。
バルブしてシャッターを開いて見るが、どこにも問題は見当たらない。
シャッター幕が開いているので、裏蓋のフィルム圧板が見えている。
んん?今、圧版の前に何かキラリと光った。
抑えているシャッターを外したので、シャッター幕が閉じてしまった。
再度、バルブでシャッターを開ける。
むむむ?フィルム圧版の前に何か光っている。
見る角度を変えると見えなくなるが、光が差し込むようにすると、、、
あ〜なんか輪っか見たいのが見える。なんだ??
シャッターを閉じて、老眼鏡を持ってきた。
さて、一体何があると言うのだ?
バルブでシャッターを開いて、、、
あった。極小の糸というか、毛が丸い輪っかを作って、シャッターレールに挟まっている。
あ、これか〜例の輪っかは、、、。
裏蓋を開いて、シャッターを解放し、ピンセットで慎重に除去しました。
これで輪っかが映り込む現象は解消されたでしょう。
よかった〜解決して。
再度試写しないといけないけど、解決したという確信がある。
撮影する前にちゃんと掃除しなかった自分が悪い。