2007年11月11日

1111:風邪から復活。最近のダーツ

4d18e2a2.jpg
11/11 ぶふぇ〜、、やっと風邪から復活したようですが、相変わらず喉の奥がひりひりしていて、いつぶり返してもおかしくない状況でひやひやしています。と言う事で、家の中でおとなしくしています。
バイクの整備も止まったままだし、自転車練習も止まったまま、、あぁ〜身体がなまっていく〜(-_-;)

で、やる事ないのでダーツの練習だけは毎日欠かさず行っております。
土曜日の夜に「狙い=照準の付け方」に光明があり、少しだけ精度が増してきました。で、その結果です。なんとなくこうなったのではなく、第1投が一番下、第2投が真ん中、第3投が一番上。と狙って投げております。
縦ラインのブレは「0 Level」、上下のブレもほとんど無い状況です。これを10スロー繰り返して続ける事ができると本物ですが、、、それは全く無理。

自転車ネタは、この週末は「ツール・ド・沖縄」が開催されており、今年最後の大きなイベントはこれで終了です。
注目はVanvooさんの130kmが何位かな〜と言う所。  

Posted by imd at 21:00Comments(0)

2007年10月29日

1029:ダーツグリップ

darts110/29 ダーツのグリップを変更した。
これは以前のグリップ。シャフトを持って先端がぶれないように4フィンガーグリップでした。この時は親指と人差し指でのグリップを生かしてスナップを効かせて投げていた。
darts2現在のグリップ。3フィンガーになって、バレルをグリップするようになっている。この親指と人差し指でグリップしているポイントはほぼ重点になっている。投げ方はスナップスローを一切行わず、肘を固定して腕の振りだけで投げるようになっている。スナップを固定すると、腕の振りだけで狙いをコントロールするようになります。そうすると、調整箇所は腕の振りだけなので、再現性が高くなり、同じ場所へ投げる事が可能になります。以前のシャフトをグリップしてスナップで投げると、ダーツ先端が上を向いて出る事が多くあり、したがって刺さるポイントはダーツ(矢)任せという所があった。これでは、一向に矢が集中しない。3フィンガーグリップと腕だけのスローイングになると、しっかりと狙った所に対して刺さるようになる。
これによって、ダーツの集中度が歴然と違ってきた。
時々だが、3本まとめて同じ場所に刺さると言う現象が起きるようになった。

つまんない話だが、記録として、、、。  
Posted by imd at 23:29Comments(0)

2007年10月08日

1008:ダーツ練習(対戦:M永夫妻)

10/8 天気/曇り時々小雨 気温/やはり昼間は暑い
昨夜酔った勢いで、夜中の11時頃に「ダ〜ツやろうよ〜」と誘いの電話。
OKよ〜と返事をもらったが、酔ってるし、深夜近いし、明日に仕切りなおしとしてもらった。

明けて今日。
昼の3時過ぎに我が家でM永君と練習会を始めた。

ゲームは501のW_Finish。
これがなかなか終わらない。15レグの設定で望んだが、規程回数の中で終われたのは1ゲームぐらい。後は上がりきれずに終了と言うパターン。
100点以上も数回しかなく、お互いに下手糞だね〜としみじみ。

ぜんぜん上手になりません。
ダーツ難しい!けど、おもろいです。当分止められません。

夜にはM永君を送って行って、そこでH美ちゃんと勝負。
明らかにM永君より上手だった。

精進精進。練習練習。  
Posted by imd at 23:53Comments(0)

2007年10月04日

1004:祝! 初 Ton80(180)

ton80-1ton80-2
ton80-3
10/4 ヽ(^。^)丿初。1スローでの180点(20トリプル×3本)=Ton80(トンエイティ)です。
ほとんどまぐれです。(全くのまぐれと言わない辺りが小ざかしい)
1本目:いつものように20Tを狙ってスローイング おっ調子よく入りました。
2本目:同じフィーリングでスローイング おおっ 入りました。
3本目:ドキドキ。力まずに先程のフィーリングを感じながら、、

入った??かな?近寄って見ると!!

お〜素晴らしい!
しかし、これをまぐれではなくて、狙って出す事は至難の技。
(今夜は一応狙っていましたけど、、出来たのはまぐれ)
というより、神懸りな技術です。
(この後、20分ほど投げ込みましたが、再現は無理でした)

ダーツ501ゲームで、最小投数でフィニッシュする「9ダーツフィニッシュ」を行うには、20T×3本 2スロー=360点 まずはこれが基本。ここからの残り141点(3矢の上がり方)にはいくつかのバリエーションがあります。 

20T・19T・12W(W_Finish)最短コースといわれる
17T・18T・18W(W_Finish)18のトリプルとダブルに入れるという芸術的な技

トッププロの中でもなかなか出来ないそうです。  
Posted by imd at 23:42Comments(0)

2007年09月20日

0919:ダーツ 練習

9/19 0時前に帰宅。シャワーを浴びて寝る前にちょいとダーツの練習。
練習方法はいくつもあるけど、ど・初心者の練習としては、まず、狙った所に入るようになる事が大前提。
20S(20のシングル枠)に1スローで3本共入るように投げる。
シングル枠は外側の台形部分(Out-S)と、センター(ブル)に近い所の三角形部分(In-S)とある。まず面積の広いOut-Sに3本入るように投げる。

2本は入るのだが、3本目がわずかにずれて隣に入ってしまう。
それが、隣の1であったり、すぐ下の20トリプルだったりする。

ダーツの調整は今の所調子良い。
綺麗な飛翔線を描くし、イメージ通りのラインなので、純粋に投げ方だと思う。

スタンス、構え、グリップ、狙い、テークバック、腕の振り、リリースポイント、フォロースルーこれらを全て一定に保ち投げる。難しい(-_-;)

格闘する事約30分。ようやく1スローで3本共が20_Out-Sに入った。

よ〜し、今夜はこの位にしておいてやろう(^_^;



先は長いわ〜  
Posted by imd at 07:49Comments(0)

2007年09月18日

0918:ダーツ 驚き

0918-19/18 夕食後ちょっと遅めでしたが、昨日の感覚を覚えておこうと投げる。その前に、昨日使ったハードチップダーツのシャフトを安っぽいプラからアルミのシャフトに変更する。ボードを購入した時についてきたおまけのダーツだが、シャフトかえるだけでずいぶん見栄えも良くなった。気を良くして投げ始めたが、昨日と全くフィーリングがちがう。ボードに対して水平に刺さる。45〜30度の確度を保ってストッという感じではない。あれ〜?すでに投げ方を忘れちゃったかな〜と思いながら色々投げ方を工夫して30分経過。状況に変化は無い。
傍と気付いた。まさか?いや、そうかも!

シャフトを安っぽいプラに戻してみたら!
全然飛び方が違う!昨日の飛び方だ!
何〜〜!!

では、フライも変えてみる、、
お〜〜これも飛翔中の矢の姿勢と速度が違う!!

5セット持っているダーツのパーツを入れ替えては投げてみて、最良の組合せを探す事小一時間。
ハードチップの組合せ:バレルは元のまま+Unicornのプラシャフト+元のフライ
Colin Lloyd modelの組合せ:Tornado Tip+Harrowsのアルミシャフト+元のフライ
と言う組合せが正解のようです。

写真がその組合せで、投げた時の刺さり方はこうなります。

飛び方が違うと矢の集中度が全く違う。

ダーツ、、、結構奥が深い。  
Posted by imd at 23:49Comments(0)

2007年09月17日

0917:ダーツその後

9/17 今日は雨に降り込められた1日。
降っては止み、時折強く降るという繰り返し。
でも、なんだかんだとやる事はあって外出できない。

夕方にちょっと時間が出来たので、
ダーツに興じてみる。

今日は初めてハードチップを試してみた。
!全然違う!!
最近ソフトチップしか投げた事が無かったので、
ハードチップは新鮮!

選手権でみる矢の刺さり方をします。
ダーツボードに対して、放物線を描いて飛翔した矢が、
斜めに刺さります。
ソフトチップだとどうしても、ボードに対して90度の「├」こういう感じになってしまいます。
これが、ハードチップだとボードに対して30〜45度「|/」こんな感じで刺さります。しかも刺さった時に矢がぶれません。
そうすると狙い方も全く違うし、投げ方も違います。

試合ではハードチップなので、この練習も大事かな。

普通にお店で投げる時はほとんどソフトチップ。

やはり本物で馴れておかないと。

しかし、困った事があります。

稀に、ボードのワイヤーに当たった時に、滑って刺さらずに、矢を跳ね返すときがあるんです。そうすると、落ちて床に刺さってしまいます。
まぁ小さな穴だからいいっか。  
Posted by imd at 19:56Comments(0)

2007年09月01日

0901:ダーツその後

9/1 ダーツを色々購入してみました。
maestoro_golden_colin_20gUNICORN Maestro Golden Colin Lloyd model 20g 一番最初に購入したダーツ。20gで重い方。定価:\5400 いわゆる真鍮(Brass)タングステン素材のダーツ。購入時はピカピカの真鍮もすぐに下のように曇った暗い色に変わる。刺さった時に「ドンッ」というしっかりした音を立てる。重いので僕専用

cc555_18gUNICORN CC555 18g 80% Tungsten Nickel Alloy \3700 ダーツは限られたシャフト長の中でウェイトを持たせる為に比重の重いタングステン鋼を使う。シャフトは細身のストレートで馴染む。投げやすいがコントロールがぶれやすい。奥様専用
cc225_01_16gUNICORN CC225 17g Color Enhanced (Brass:真鍮)\1470 軽いダーツで十月専用。十月は力任せに投げるので軽い方がボードが傷まない。
harrows_vector_18gHARROWS VECTOR 18g Plated Brass \2300 一見タングステンに見えるけど真鍮。UNICORNに比べてシャフトが長い。しかし、Maestro Golden Colin Lloyd model 20gよりコントローラブルで狙いが定まる傾向にある。今の所一番ダーツ。1ショットで160点が最高。
先端のチップはUltima Darts製の硬質チップ Tornado Tip/Black と、Harrowsの新作 H-Tip/BlackとDIMPLE/Blackを試用中。ソフトチップのボードへの刺さり具合は、H-tip>DIMPLE>Tornado Tipと言う感じ。
まだフォームの調整中でスタンスも定まっておらず、悪戦苦闘中。
狙った所へなかなか飛ばない。さらに3本まとまらない。2本までなら同位置にさせるが3本目が外れる。先は長い。

  続きを読む
Posted by imd at 21:05Comments(2)

2007年08月25日

0825:ダーツって意外と面白い

0825-1
8/25 ダーツボードを購入して設置完了。
先日M永邸で飲んでダーツゲームをした時に、結構面白くて気に入りました。で、自分でも購入してみました。ボード\2500 ダーツ\1500〜2000位。5,000円もあれば一通り揃ってしまうという手軽さ。壁を養生する為にコルクボードを下地に貼っての取り付け。もちろん公式ルールに沿ったボード中心が173cm(+-1.5cm以内の実測値172.7cm) 投擲位置237cmに設定してあります。始めてみるとこれが結構難しい。投げるフォームがまだ定まらない。ダーツのリリースポイントも不安定。よって3本のポイントがバラバラ。一晩練習して何とか2本は同じ場所に刺さるようになったが、3本まとめて刺さるようになるには、相当の投げ込みが必要のようだ。

右腕が痛い。これも力を入れて投げすぎと言う証拠。  
Posted by imd at 23:26Comments(0)