2017年02月19日

0219:最近聞いている音楽達(通勤用)

02/19 天気/快晴 気温/まだ寒いね
通勤用の音楽を探していてヒットした曲達
Suchmos(サチモス)
HONDAのCMで使われていた曲が耳に残ったので検索してみたら、Suchmosという神奈川育ちの25-27歳が集まったバンドだった。
2013年に結成され2015年にデビュー。
R&Bな大人な感じで艶が有りながらも勢いを感じる。

Suchmos "STAY TUNE" (Official Music Video)

Suchmos "MINT" (Official Music Video)
調べてみると、随分人気があるし、注目されているんだね。

Supreme beings of leisure - Never the same

Wikiによると、Supreme Beings of Leisure(SBL)は、カリフォルニア州 ロスのPOPバンドで、現在のメンバーは、シンガーソングライターのGeri Soriano-Lightwoodとマルチインストゥルメント/プログラマーRamin Sakurai。SBLは、1998年にパーム・ピクチャーズと契約したOversoul 7バンドの残りのメンバーで構成された。とあります。
このNever the samehは2000年にリリースされたアルバムの中の1曲。
ラウンジっぽいけだるい感じが好きです。

Bill Evans Peace,Piece

Bill EvansのWalts for debbyに並ぶ名曲で、こちらの方を押す声も多い。
以前に聞いた時は、後半の不協音が暗い感じがして好きになれなかったのだが、最近聞き直すとこの不協音パートがあるからこそ全体に緊張感が生まれているのだと感じ曲全体を理解出来る。
この曲を聞くとなぜか60年代初頭をイメージしてしまう。まだ生まれもていないのに。
YoutubeにはPeace,Pieceが多くアップされているが、その中でも音の状態が良い物をセレクトした。リリースは1958年でリマスターされて幾つもの音源があるようだ。

夜の首都高用
Guardner - N.Y.C - Paris Can´t Wait

イメージはN.Y.C.をタクシーがゆっくりと流している感じらしい。
仕事で遅くなり赤坂からタクシーで横浜まで帰宅する時、首都高に上がってこの曲を聞いていたらすごく合ってた。特に東京タワーを左に見ながら走っている時は気持ちよかった。  

Posted by imd at 16:45Comments(2)

2016年05月13日

0512:Special Favorite Music / World's Magic

05/12 天気/晴れ 気温/暖かい、スーツの上着が邪魔だ
ベッドの中で、iTunesを手繰っていたら新譜紹介の中にあった。
バンド名がかなり背伸びした感じなのに、
ジャケットが今時珍しいほのぼのとしたイラストだったので、
どんな音なのか興味が湧いたので、サンプルを聞いて見た。
image
1曲目の Baby Babyをサンプルで聞くと、ちょっと前に流行ったポップスという懐かしい感じがする。
音づくりとしてはアコースティックでバンドの音がしっかりしている。
メインの女性ボーカルは呟くような唄い方だが、手嶌葵のような、声量の無いウィスパー系ではない。
曲調と相まってのんびりと歩くような心地良さがある。

Youtubeで検索すると数曲上がっていた。

特に素晴らしいという訳ではないのだが、晴れた休日の午後、窓を開け放った部屋でBGM的に流して聞く分には良いかも。
これからの季節限定かな?
  
Posted by imd at 09:10Comments(0)

2016年04月03日

0403:Recent Heavy Rotation

04/03 天気/曇 気温/寒くはなくぬるい
ネットラジオで拾った曲

Shakira - Try Everything
くよくよせずにいろんなことに挑戦してみよう。という応援歌ですね。
ちょっと変わったリズムとアップ系のテンポで聞きやすかった。
調べてみたら、来週公開されるディズニーの「Zootopia」の主題歌との事。

このオフィシャルムービーではアニメの映像が使われているのですが、インパラが歌手となってこの曲を歌っています。が、個人的にはこの映像はなんだか気持ち悪い。
どうも、周りで踊っているトラ達とインパラのサイズ感がおかしくて気になる。
動物の擬人化は昔からあるのですが、今回のディズニーの絵柄はどうも受け付けないみたい。

トレーラー映像からは、身体の小さなうさぎが警察学校に入って努力して一人前になっていく成長ストリーのようですが、この手のテーマは使い古されているはず。いまさらこのテーマに取り組む意図はなんだろうか?様々な動物達が一つの社会で、それぞれの特徴を活かした生活を見せることで、個性を尊重した差別のない社会を賛美するプロパガンダなのか?  
Posted by imd at 13:00Comments(0)

2015年06月06日

0606:Bass AMPが来た!

06/06 天気/晴れ 気温/朝方は冷え込んだが、日が昇ると暖かい
フレットレスのベースをお預かりした時、アイバニーズのミニミニアンプが一緒についてきましたが、
ものすごく小さいので音はよろしく無いのと、ヘッドフォンジャックへの出力ができなかった。
まともな中古のベースアンプを探していました。
ヤフオクを見ると中古アンプは程度が様々でですが、100円から各種メーカーがあります。
安いアンプのほとんどは年数の行ったジャンク品が多いようです。
色々と検討した結果、これに決定!
DSC00235
DSC00237
DSC00239
DSC00238
YAMAHA AR-1500BASS 1995 15W \17,800(当時)
これに決めた理由は、まずは YAMAHA である事と、以下の機能です。
INPUT>ベース用なのでアクティブピックアップに対応してHIGH / LOW2種類のインピーダンスジャックがあります。
イコライザ>4種:高音、中音HIGH、中音LOW、低音
OUTPUT>ここが優れものでして、
REC.PUT=録音用のLINE出力 演奏をLINEで録音可能です。
PHONES=ヘッドフォン用のジャック
さらに、EFECT 回路があります。つまりエフェクターをつなぐことができるんですね。
ベースとアンプの間にエフェクターを入れるのではなく、アンプ側にエフェクターが入れられるんですね!便利ですね〜
と、実はアンプ側にエフェクターをつなぐメリットがわかりません(^ _^;)??
SEND > RETURNこの間にエフェクターを繋げば良い訳です。
でも、僕にとっての本当のメリットはここではありません。
このRETURNに iPad or Walkman からの音源を入れる事ができるんです。
という事は、音源+自前の演奏のLINE録音が可能になる訳ですね。

と、その実現はいつになる事やら。

さっそく鳴らしてみました。
気になるガリもなく調子良いです。
スピーカーがでかいので、結構な音圧があります。
まさにベースという音。
響かせるのはそこそこに、ヘッドフォンで練習します。  
Posted by imd at 11:46Comments(2)

2015年05月11日

0511:Clean Bandit , Rather Be

05/11 天気/晴れ 気温/暖かく過ごしやすい
Clean BanditのRather Beはお気に入りで、昨年良く聞いていました。

英語版のPVの1'23"の男性がタバコを吸っているシーンが、下の日本語訳版ではカットされています。
なぜだろう?

日本語歌訳Ver,
昨日、久しぶりにYoutubeのPlayListに登録してあったRather Beを聞きながら、ネットでClean Banditの情報を探していたら、このPVについての情報がありました。
ずっと、このPVに出ている女性がClean Banditのメインボーカルと思っていましたが、違った。
「Rather Be」で主演を務めたのは、ロンドンで国際派女優として活躍する安部春香さん。
東京で生まれ、ニューヨークとロンドンで幼少期を過ごし、ロンドンの演劇学校を卒業後は、BBCのコメディドラマ「Ideal」、ドラマ「The Things I Haven't Told You」、映画「47RONIN」「Random 11」などに出演している。
彼女が出演するきっかけとなった話はこちらで紹介されています。
with-screen.jp
バンドメンバーが東京でゲリラ撮影!? 主演を務めたロンドン在住女優の安部春香に聞く、Clean BanditのMV「Rather Be」撮影舞台裏!!


かなりゲリラ的な撮影だった様子ですが、偶然が良い方向に向いて魅力的なPVに仕上がっていると思います。
築地は会社の近くなので何度か呑みに行った事がありますが、東京の中でも独特の雰囲気を持った場所です。外国の方が興味をそそられるのもわかる気がします。

久しぶりに聞いたらやっぱり良かったので、通勤時に聞いています。  
Posted by imd at 23:47Comments(1)

2015年04月04日

0404:Ibanez SDGR

4/4 天気/曇天 気温/少し寒いか?風が少し残っている

こんな物が、、、
DSC_0059
DSC_0060
しかも、
DSC_0061
フレットレス・・・・
ベースを弾く会社の先輩が、関西に転勤となり単身赴任となった。
そんなに持っていけないので、
とりあえず、メインのベースとZO-3の2本だけ持っていく。
フレットレスはしばらく弾かないので、どお?いる?
ええ、もちろんです。
貰うというより長期預かりという事で我が家にやってきました。

20数年ぶりにベースに触る。
とりあえずチューニングして、ドレミから。
すっかり忘れています。
指も全く動きません。
さてさて、どうしたもんかな?

お借りしたのは、
Ibanez(アイバニーズ)←大学時代は イバニーズ と読んでいたんだが、呼称が変わってた。
SDGR SRシリーズのジャズベースでアクティブピックアップです。

以前持っていたのは、
YAMAHA Super Bass 500S でした。
大学の時に、谷さんから譲ってもらった物。
大学以降は全く弾かなかったので、会社の同僚にあげてしまいました。
今考えると非常にもったいない事をしたなぁ〜

SDGRとSB500Sのネックを比べると、SDGRは一回り細いイメージがあります。
調べて見るとSB500Sは45mm、SDGRは38mm。
わずか7mm程度ですが、大きく違って感じます。
  
Posted by imd at 19:00Comments(5)

2014年08月02日

0802:MUSIC, Recent Heavy rotation.

8/2 天気/快晴 気温/夏ーーー!蝉も煩い
久々に音楽ネタ。
通勤時にTunes Radio で Chill vocal というネットラジオを聞いています。
その中から幾つか拾った曲をDLして聞いています。
最近のヘビーローテーション曲を紹介。

ZEDD(ゼッド)
2012年に[ Clarity ]でアルバムデビューした、ロシア生まれのドイツ人。
本年若干24歳という若さですが、有名アーティストの楽曲プロデュースに多く関わる実績があるようです。
デビュー曲の[ Clarity ]が良いです。

[ Find you ]

[ Stay The Night ]


Atthis Alcedo(アティス アルケド)
この方、全然ミュージシャンとしての情報がありません。
英語で検索しても【カワセミ】ばかり出て来てたどり着けません。
いくつかアルバムを出しているようだという事しかつかめませんでした。
Tunein で聞いた[ Walking away ]が素晴らしい。


LONDON ELECTRICITY(ロンドン エレクトリシティ)
ロンドン・エレクトリシティは、イギリス・ロンドンを拠点に活動する、トニー・コールマンのソロ・プロジェクト。(Wikipedia)となっています。
この他の曲もいくつか聞いてみましたが、[ Just One Second ]を越えるものを見つけられていません。

良いPVが無かったので、 ottjp さんが首都高速紹介動画で使われていたので、それを貼っておきます。曲のリズムと首都高を流れて行く動画が良く調和しています。

お盆過ぎの初秋用
Josh Gabriel(ジョシュ ガブリエル)
Atthis Alcedo同様に、この人も日本語での情報はありません。
英語のWikipedia を訳すると、どうもオランダ人で現在サンフランシスコに住んで活動されているようです。2011年に発売されたアルバム [ Winter Kills ] の最後におさめられていた曲 [ Ichabod ]
曲の最後に停泊しているヨットのマストが揺られロープとふれて立てる音がバックに入っています。
個人的に福岡の秋の夕方のヨットハーバーを思い出してしまいお気に入りです。


Ambray(アンブライorアンブレイ)
この人も日本語での情報がありません。よって正しい名前の発音が不明。
曲は [ Siles ] ゆったりとしたリズムでこれも夕方の雰囲気をもった曲です。


今回はこんな所で。
  
Posted by imd at 16:11Comments(2)

2013年06月10日

0610:about 9 - The lonely wanderer

6/10 天気/晴れ 気温/少し蒸し暑さが増してきました

通勤の友は、ネットラジオ:tuneinです。
毎日40分はしっかり聞く事ができます。
その中で久しぶりに、いいな、、と耳に残った曲。
about 9:The lonely wanderer.

なんだか、昔の夏の日の夕方を思い出させるメロディーです。
ジャケットのイメージと良くあっています。

で、about 9さんがFacebook/UKに登録があったので、
彼のページで「いいね」してきました。

about 9さんのFacebook Page = http://www.facebook.com/about9?fref=ts
about 9 Homepage = http://about9music.bandcamp.com
覗いてみてください。

iMacすっげ〜作業がやりやすい。
書くのが楽しい。色んな素材をほいほい貼れちゃいます。  
Posted by imd at 23:30Comments(2)

2012年10月01日

1001:Heavy Rotation

10/1 天気/晴れ 気温/台風の後で南風が暖かい(東京)
おっさんが真面目に紹介するには少し気恥ずかしい(^_^;
ieiri_leo-01
9/29東京から福岡に向かうSFJの機内で聞いた曲。
機内では音楽チャンネルが7つある。
チャンネル3がJ-POPだが、普段はほとんど聞かない。
しかし、最近 Superfly がちょっと気になっていて、その名前をプログラムの中に見たので、
チャンネルを合わせていた。
でも、途中から聞き始めたので、目的の曲を過ぎていた。
そのうちリプレイで聞けるだろうと、そのままにしてうとうとしていた。
しばらくして曲が始まった。
テンポの良いリズム、声が伸びやかで安定している。
低音から高音まで綺麗に出ていて、ファルセットも無理なく素晴らしい。
何といっても歌詞が斬新だ。
上手いな〜と感心して、曲名を確かめようとプログラムを開いて見た。
あれ?曲の順番で行くと、これはSuperflyじゃない、誰だ??

Bless you / 家入レオ?これが歌手の名前?知らんなぁ〜
でも、いいなこの曲。
香椎の自宅に着いてから調べてみた。

福岡県久留米の生まれで、福岡市育ち。
現在17歳の女子高生だって。
おいおい、本当かい?17歳って声じゃないよ。
今年2月にデビューしたばかりで、シングル3曲目を出したばかり、
それがこのBless youとの事。
1st シングルより、2ndシングル、3rdシングルと確実に良くなっていて、
成長が著しい。

シンガーソングライターのYUIや絢香を輩出した音楽プロデューサー西尾芳彦主宰の
「音楽塾ヴォイス」の出身。
ネット見ると、このYUIという歌手と似ているとして、パクリ騒動がちょっとあるようです。
YUIを知らないのでYoutubeで確認してみたが、あきらかに性質が異なっている。
ミュージシャンとボーカリストの違いはあるが、安定した発声とその表現力、
歌手としての実力は家入の方が数段上だ。
魅力的な声とは言えないが、表現力でカバーしている。
さすがに17歳の書く歌詞なので、ちょっと気恥ずかしい所があるが、
曲とアレンジはその道のプロが手掛けていると思われ、ツボをしっかり押えていて、
張りのある声を魅力的に聞かせてくれて飽きがこない。
(訂正:全曲自分で作曲していた)

福岡出身という事で、ちょっと身贔屓して聞いてしまいます。
4〜5年で終わる事無い様に頑張って欲しいですね。
しかし、見事な釣目。
田中麗奈もびっくり。そういえば田中麗奈も久留米だっけ?
  続きを読む
Posted by imd at 01:27Comments(2)

2012年03月20日

0320:Ewan Dobson

03/20 天気/晴れ 気温/少し暖かい

気になるソロギタリストの紹介。
と言っても、かなり色々な所で紹介されていますね。
Ewan Dobson さん
カナダのギタリストです。
Ewan Dobson
え?ネタじゃありません。
Dobsonさん、アコースティックギタリストにしては変わったファッションセンスなんです。
作務衣か、迷彩柄のシャツ、本当に迷彩の戦闘服を着て、なぜか被り物が好きです。
しかし、超絶テクニックをお持ちです。
クラシックのラフマニノフから、トランス系まで幅広くこなします。
DISCは3枚出されています。
Ewan Dobson
Ewan Dobson-2
Ewan Dobson-3
この曲は、Ewan Dobson-2 に入っている TIME2 という曲。

トランス系の曲になっています。
このTIME2はドラマーの心を引き付けるのか?数人がこれにドラムを合わせていたりします。
で、なぜかベトナム式麦藁帽を目深にかぶっています。
このシリーズ多し。
この他、ランプシェードを被ったり、ベネチア調のマスク(もしかしたら演劇用かも)で鼻の長い奴とか。
素顔も沢山でていますが、なかなかの男前ぶり。
しかし、ファッションは相変わらず戦闘的です。
体育会系ソロギタリストという感じです。
Ewan Dobson - Dreaming in Dortmund

僕は割と好きです。

で、彼のファッションセンスと曲のイメージが一番よく出ているのがこれ。
Ewan Dobson - Wash Away

素晴らしい。この曲、大分のIW崎君の好みに合いそうだと思うのだが?
AmazonでCDは売り切れだって、残念。
i-tunesで落とすのは嫌いなんです。  
Posted by imd at 22:42Comments(2)

2012年03月18日

0318:Future Loop Foundation

3/18 天気/曇り後小雨模様 気温/春先にしては肌寒い
sunshine
最近のお気に入り
Future Loop Foundation / Sunshine Philosophy

じつは、このグループの事は全く知らない。
Net Radioで聞いてネットを探して音源を拾って来た次第。
日本語での情報が皆無。
でも、 Sunshine Philosophy という曲はなかなか良いです。  
Posted by imd at 23:10Comments(0)

2011年11月11日

1111:Darshan Ambient / autumun's apple & ios5.0.1

11/11 天気/曇り 気温/少々寒い

Buzzoutroom Radioを相変わらず聞いています。
新たにお気に入りのアーチストを発見したのでその記録

Darshan Ambient / Azure Day - autumun's apple

アーチスト名に【Ambient】と謳うぐらいですから、
Brian Enoの影響を受けたとすぐにわかります。
押し付けがましくないリフレイン。
優しい旋律。
時折アクセントで入る音など、イーノが提唱する環境音楽に沿っていると感じます。
ネットで検索してもほとんど情報がありません。
その中で、見つけたスレッド、

※関心空間への投稿から引用:ぬぽりんさんの文

Autumn's Apple / Darshan Ambient

秋深まるとおいしい林檎が気になり出す。

というわけで、Darshan Ambientのアルバムから「秋の林檎」をオススメ。
Darshan Ambientはその名のとおり、Brian Enoの"Ambient 1"としてリリースされた"Music for Airports"(1978年)から影響を受けて、1987年から地道にアンビエント系電子実験音楽を作ってきたMichael Allisonのソロバンド。すでに8枚のアルバムがリリースされているが、さらに11月には新譜の"From Pale Hands to Weary Skies"が追加される。

そんな中でもこの2004年の"Autumn's Apple"はまったりとしたミニマルサウンドに小気味いいリズムが加わった愛情の籠った作品。
秋の夜長にクールで暖かいサウンド(矛盾してるな)をBGMにするのも一興かと。

なぜかAmazonでは扱いがないので、iTunesなどでゲットするが吉である。
<引用終わり
autumn's apple
先日レポートした Hol Baumann よりAmbientしています。
このCDは買ってみようと思う。

Amazonに扱いあり。


ios5 ver up
11/10にはやくもVer upが行われDL可能となった。
さっそくVer Upを行う。

ios5の良い所。
PC/itunesを経由しなくても、DL&Ver Upが可能なのだ!
素晴らしい。
Androidでは普通の事ですけどね。
情報によると、ALL DataのDLではなく、更新差分のDLなので軽いとの事。

さっそく実行。DL時間 約2分。
インスト時間 約5分(2度の再起動含む)

終了 お手軽!
ios5.0.1
今回のVer Upの目玉はバッテリー消費の改善。
iphone4sは4よりバッテリーが持たない。と数多くのレポートが上がっていた。
起動時間と使用時間が同じになると言う現象で、
待機中にも使用中と同じだけの消費がなされていた??っぽい。
ネットでは、これを設定だけで解決しようと試行錯誤した報告が上がっていた。
どうも、Messagesが常に通信中となっているようだとのレポートも。
この機能をカットすれば、ipod並みの消費電力になるらしい、、、だった。

さて、ios5.0.1になって、明日ぐらいから、
バッテリー消費改善報告が、ネットに数多く出てくるだろう。  
Posted by imd at 00:18Comments(1)

2011年11月09日

1109:App / tunein pro & Good Sound.

11/09 天気/晴れ 気温/急に寒くなった in tokyo

ipod touchを ios5にVer Upして、
割と快適に過ごしている。
現在部屋で使っているPCは、NetBookの小さなタイプなので、
CD-ROMが付属していない。
つまりは新しい音源をCDから追加できない状況。
今、ipodに入れてある音源は聞き飽きてきた。
新しい音源探しをしている時に、App Storで、
tunein Free=Net Radioを発見。
まずは無料Verをインストールしてみる。
tunein
サイズ(容量)もコンパクトで、インターフェースもわかりやすい。
音楽のジャンル別にネットラジオ局が探せるようになっているので、
幾千もの膨大なラジオ局のなかから、比較的好みに合った局を選びやすい。
BGM的に聞ける所や、
Beatlesだけに絞って曲を流している所もある。
外国だけでなく国内の民放とNHKを聞くことが出来る。
昨年に登場した[Radiko]よりはるかに優れている。
※Radikoは受信しているエリアの局だけしか聞けないし、
民放の寄り集まりで開発されたAppなので、NHKは除外されている。

tuneinをいじっているうちに、有料版(なんと\85)のProだと、
録音も可能だと言うので、すぐに切り替えた。
このラジオの良い所。
流れている曲の情報が表示されます。
アーチスト名:曲名
アルバム名:ジャケット写真が表示されます。

<お気に入り局>
Beatles Radio:1日中ビートルズ曲を流している、オリジナル・カバー有
SKY.FM Solo Piano:ピアノソロ曲ばかりを流している
Radio Cello:チェロ曲ばかりながしている、まぁクラシック曲の中でチェロが聴ける曲が多い
Buzzourtroom Padio
Buzzoutroom Radio:Ambient Music局←今、僕が一番聞いている局
で、このBuzzoutroom Radioを朝起きて出かけるまでの間に録音しておきます。
録音時間も設定できます。
最大5時間とかも可能ですが、
容量がすごい事になるので、1時間の設定です。
各局のビットレートが95k〜128kと幅があるので、それぞれ録音した時の容量が異なるが、
128kで1時間録音すると、約55MBになる。
128kですよ、CDをMP3録音する時のビットレートとほぼ同じです。
ipodでヘッドフォンで聞く分には充分すぎる音質。

1時間の録音は、通勤時間をカバーして充分。
これでほぼ毎日新しい音楽ソースを手に入れることが出来ます。

<最近のお気に入り曲>
Hol Baumann - Human
Hol Baumann - Handwritten Notes / Human
"Trentemoeller、Tipper 辺りに鳥肌を立てた音のセンスを持ち合わせたリスナーには今春最もお勧めのアルバムとなる、フレンチ・エレクトロニカ界の新人Hol Baumannのデビュー作。森の中に居るような温もりや、マイナスイオンを感じ取れる繊細でメランコリックな世界観がある反面、非常に都会的なダークでクールな一面を魅せ、聴く者を引きずり込むメロディ。。一体こんな繊細で重厚な世界観を新人がどうやって成し遂げたのか!?と思いきや、数々のエキシビジョン、シアター等マルチメディア方面のサウンドデザイナーとしてのキャリアは12年。単発的にもこれまでにSpirit zone、Peak records、そして、今回アルバムをリリースするUltimaeからの作品発表は、圧倒的な世界観で聴く者を別世界へと誘う!!"
↑Amazonから引用
感想としては、全体の雰囲気は暗く重たいものを感じさせますが、
ときおり見せる煌びやかさや、旋律に美しさがあります。
良くあるAmbient系のフレーズの単調な繰り返しではなく、
あくまでもメロディーを聞かせます。
他の曲も聴いてみたい。
と、思っていたら、翌日のOnAirで流れました。
Hol Baumann - Radio Bombay / Human
この曲は、う〜ん今一。
アレンジが暗すぎだ。

でも、CD購入してみようかな。  
Posted by imd at 00:30Comments(0)

2011年07月14日

0713:Tokyo sky drive.

7/13 天気/晴れ 気温/昨日の狂ったような気温からすれば少し過ごし易い

夕方から豊洲の本社に出向いてそのままNRとした。
いつものように地下鉄で帰るのではなく、
興味のあった、「ゆりかめも」にのって新橋経由で有楽町まで戻った。

ゆりかもめ:新橋〜豊洲間を臨海エリアを経由して結ぶ、自動運転の軌道輸送機関。
なぜわざわざ遠回りの経路かというと、

Youtube で有名になった、cat2525jpさんが作成した動画、
Tokyo Sky Driveが大人気。(すでに1年以上前の事ですが)


新橋からゆりかもめで豊洲に向かう車内からの映像を加工したもの。
これが近未来な映像に仕上がっている。
撮影映像を中心部分で上下反転させているのだが、
その逆転の発想と得られた映像が素晴らしい。
こんなに東京を魅力的に見せる事になるなんて。

ということで、実際の風景を見てみたかった訳。
乗った感想
・自動運転に感心(ほぉ〜って感じ)
・臨海エリアってすごいですね。建物が未来感覚
・黒人のお姉さんが、デジタル一眼構えてばんばん撮っていました
 わぁ〜お、見たいな事を言いながら
・始発では人がいなくて、景色を楽しめましたが、途中からサラリーマンがどかどかと乗ってきて、
あっと言う間に通勤電車。最終電車ぐらいが良いかも。

今度その動画をリンクしておきます。
今日はここまで。

ゆりかもめからの眺め
yurikamone  
Posted by imd at 00:34Comments(0)

2011年02月01日

0201:Audio-Technica ATH-CKS70

2/1 天気/晴れ 気温/寒いよ~~!

インナーイヤーヘッドフォンです。
先週東京に出張でした。
ipodは常備品なのでもちろん持っていきました。
飛行機の中と夜寝る時に聞いていました。

翌朝の会議を終えて福岡に帰るために羽田へ移動。
モノレールに乗ったときに、
あれ?ヘッドフォンが無い、、、、、!
しまった、ホテルのベッドに置いてきてしまった。

う~ん、、、、
これは新調しなくは、、、、(@_@)
候補は随分前から決まっておりまして。
Audio-Technica ATH-CKS70 / 50どちらか。
実勢価格が5~6,000円位。
ネットで検索したらCKS70が安い所があったので、
速攻で購入。
ATH-CKS70
※イメージは画像検索で拾った写真です。
ボケを生かした綺麗な写真なのでメーカー画像と思うけど、、、、

すでに店頭で視聴して、低音の鳴りの良さを実感してます。
SOLID BASSと銘打って、
その名に恥じない低音を聞かせます。
でも安っぽいドンシャリ系とは違って、
結構まとまりが良いです。

低音にかなり振ったセッティングなので、
聞く音楽を選びますが、イコライザで調整すればまぁなんとか。
インナータイプなので遮音性に優れていて、
通勤時の使用も大丈夫。

1週間ほど使用したので、
感想をまとめておく。

手に取ると、おいおいこれ耳に収まるのか?
という大きさにちょっとびっくり。
エアチャンバーが2層になっているので、
かなり大きくもっこりした感じがします。
しかし、よく考えられていて、耳の中にすっぽりと納まります。
装着状態を鏡で見ても、まったく目立ちません。

R&B系の音楽は低音をかなり際立たせてドスンドスンと鳴る。
その分、中音域が沈んでいる感じがします。
この辺はエフェクトで調整して上げれば良いです。
特にボーカルは調整しないと低音の後ろに隠れがちです。

しかし、低音の切れは非常に良くて、
小さなヘッドフォンだと言う事を忘れさえます。

これまで聞こえなかったベースラインとかは、
非常に輪郭がはっきりしています。

という事で、まずまずのお買い物でした。

補足
ホテルに電話して忘れ物を聞いてみたら、
当然保管されていて、お願いしたら郵送されて戻ってきました。
買わなくても2~3日我慢すれば戻っていたのですが、
コレを聞いた後ではもう戻れません。
せっかく戻ってきたのですが、これは十月行きだな。  
Posted by imd at 23:26Comments(0)

2010年02月08日

0208:Love Psychedelico

2/8 天気/晴-曇り 気温/異常気象18°5月並で、蒸暑く感じるほど

急な東京出張となり、午後のANAに飛び乗った。
ヘッドフォンで音楽を聞きながら、機内誌をパラパラとめくり読んだ。
Chはたしか「8」だったかな。
カントリーロック調の音楽が流れていた。
シェリル・クロウをもう少し軽くしたPOPな感じのナンバー。
あれ?聞いた事があるな、、、誰だっけ?
機内誌の最後のページにある音楽メニューをたどると、
「Love Psychedelico」とある。知らない。聞いた事ないよ。
1曲目に Lady Madonna~憂鬱なるスパイダー~とある。
えっ、日本人なの!?歌っているのはどう聞いてもネイティブな発音。
すっげぇ〜な〜と思いながら聞き込んでみると。
所々に日本語が混じる。
本当だ、日本人だよこれ。
メロディーがいい。歌い方が格好良い。
カントリー調でありながらしっかりJapanを感じさせる。
アレンジも素晴らしい、控えめでありながらセンスが相当なレベルだと思う。

デビュー10thを記念して5枚目のアルバムを発売し事のインタビュー形式になっている。10周年?
知らなかった〜こんなバンドがあったんだ。と、
行きと帰りの飛行機の中で、ず〜〜〜とこれを聞いていた。

帰ってすぐに調べてみた。

Love Psychedelico:
2000年4月『LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜』で衝撃的なデビューを果たし、音楽業界を震撼させた。 もはや“DELICO SOUNDS”という言葉すら浸透しており、その根幹はNAOKIの印象的なリフと、日本語と英語が自然な形で行き交う独特な歌詞・存在感あるKUMIのヴォーカルスタイルにある。
KUMI【Vocal & Guitars】
NAOKI【Guitars, Bass Guitars & Keyboards】
かなりの曲がCMやドラマの主題歌として取り上げられているので、どこかで耳にしているはずだ。
出すアルバムは皆ミリオンセラーを記録しているので、大成功しているバンドだ。
love psychedelico
love psychedelico
シェリル・クロウが好きなのに、彼らの曲に触れなかったのが不思議だ。
早速1st、Secondのアルバムを購入。
love psychedelicolove psychedelico
1stはシングルを集めたベストになっているが、これが良い。
なんというか、小気味よいのですね。
KUMIさんの歌唱力がこれまたすごい。
日本語と英語がシームレスに行ったり来たり。
意味不明な言語になりそうだが、ちゃんと聴きこむとわかる。
日本語の歌詞に英語を沢山挟むのは嫌いなのだが、彼らの曲はそれを全く感じさせない。
KUMIさんのネイティブな発音がそのままに日本語を連ねるだからだろうか。
似たような感じだと、Monkey Majikのブラント兄弟かな〜?

10年も知らなかったって、、、ねぇ〜
勿体無い。  
Posted by imd at 23:33Comments(2)

2009年05月28日

0527:Travis

5/27 天気/晴れ 気温/5月らしいさわやか、夜は肌寒い

久しぶりにCDを買った。
travis1
Travis Singles

TVCMでスバル レガシーのCMでロバート・デ・ニーロさんが出演している作品で、バックにさわやかに流れている。
冒頭でTravisとクレジットがあったので、調べたら、
新しい曲で「Walking in the sun」という曲だった。
ちょっと気に入ったので、Tower Recordで買ってきた。

Travisというグループはイギリスのバンドであちらでは相当な人気を博しているとの事。知らなかった。でも、サウンドはいかにも英国バンドという感じ。
でも、このWalking in the sunと言う曲は、最初の印象では、どこと無く、
6 pence none the Richerなのかとおもった。

CMの方は、
travis2travis3travis4
なんだか、ゆとりを持ってドライブしているように見えて気持ち良さそうだ。
Travisの曲をバックに、、、、
ロバート・デ・ニーロとトラビス?
トラビス?って確か、デニーロが主演した「タクシードライバー」の役名が確か「トラビス」だった。
taxi

70年代の映画でベトナム戦争の影響が色濃く出ていた。
ジョディ・フォスターが13歳で娼婦役で出演していて、別の意味で話題になったらしい。何度か見たかが、トラビスがベトナムから帰還して社会復帰してタクシードライバーを始め、喧騒の夜の街を流していく映像が忘れられない。
結局、だんだん精神的に異常をきたして、正義感がねじれた形になって現れると言う話だった。
夜の街を流していたトラビスの顔と、今、歳を取って気持ち良さそうに運転するデ・ニーロを見ると、
「歳をいい感じで取ったな〜」と思う。

レガシーのCMでロバート・デ・ニーロが運転するシーンのバックで「Travis」の曲が流れる。制作側は意識したのかな?どうかな?
職業的にちょっと気になった。  
Posted by imd at 23:58Comments(0)

2008年08月27日

0827:Audio-Technica ATH-CK300S(Red)

8/27 天気/今朝から長雨 気温/6月のような湿度を感じる

ヘッドフォンはインナーイヤータイプをずっと使ってきた。
交通機関の中で使う際に周囲への音漏れが少ないからだ。
数年前に購入してこれまでずっと使ってきたのは
PIONEER SE-CS25という物。
i-pod-AC02これですね。
インナータイプですが、
オープンエアーなんです。
手元にi-pod 兇来てからエフェクトを聞かせると低音が割れるようになりました。どうもi-podで再生する低音域の周波数に対応出来ていないようです。
意外とレンジが狭かったんだな〜と思いました。
これまでは全く気付かずに聞いていましたが、
慣れとはこんなものでしょうかね。
で、低音が割れていては気持ち悪いので、数年ぶりにオーディオアクセサリーコーナーへ出向きました。
最近は相当な種類が出ていますね。
目指すは低音域の豊かな事とバランスの良い音場再現です。
聴く音楽はClassic、JAZZ、ROCK、POPS、Ambientと幅広いので全てに対応したヘッドフォンを求めるのは無理です。そこそこの所で手を打ちましょう。
最初に15,000円ぐらいのインナー式いくつかを試す。
ん〜バランスは良いけど、いま一つパリッとした押し出しがない。
次にオープンエアー式
これはi-podで鳴らすものではないな、全然アンプが足りていない。
i-podには不向きだな。
という事は、あまり高級なものはi-podには向かないみたい。
10,000円位の物も同様の結果。

じゃぁ〜と言う事で、ボリュームゾーンの3,000〜5,000クラスを聞いてみる。
お〜!i-podのようなソリッドオーディオ向けに作られているらしく、音域の相性がすこぶる良いです。SONYもDENONも差が無い。Panaもがんばってますね。
ふと横を見るとAudio−Technicaがある。インナー式の中でもずいぶん小ぶりです。
これをi-podに差して聞いてみると!
この小ささからは想像できない低音が響きます!
おお〜すっげ〜、しかも1,980円(@_@;)
ふとPOPを見ると「今、一番売れてます!」って書いてある。
そうだろうな〜と納得。
迷わずこれに決定!10,000円程度を予定していたので、すごく安く済みました。
i-pod-AC03色は、、、「赤」ですね。
i-podとあわせるとこんな感じになりました。
i-pod-AC01値段の割りには十分。
今まで聞こえていなかった音が結構あったので
ちょっとびっくり。
聞きなれた曲が違った表情で聞こえて新鮮(^.^)
なんだかずいぶん儲けた気分です。  
Posted by imd at 22:10Comments(4)

2007年04月20日

0420:Iriver N10

0420-10420-2
0420-3
4/20 物欲シリーズ(^-^;  MP3プレーヤーとして韓国ブランドの「Iriver」のN10というちょっと前の256MBモデルをGet!\3,800。実はMP3プレーヤーとしてはi-pod nanoを近々購入しようと考えているのですが、このプレーヤーのポジションは「自転車専用」と言う事で。自転車は転倒リスクのあるスポーツなので、i-podをその危険にさらすのはどうかな?と言う事と、ちょっと重いんですね、i-pod。そこでこのIriverのNシリーズは重量22gで首掛け式なのでジャージのポケットにしまわずに済むし、何と言ってもヘッドフォンコードが短い。256MBなのは安かったのと、約60曲 240分の曲が入るので自転車に乗る(ローラー練習)には十分すぎます。もちろん実走行中には方耳だけで聞きます。まだ初期充電中で聞いていませんが音はいかがな物か?ヘッドフォンはi-pod付属の物より数段良いと言う評判で、しかも出力が18Wあるので十分な音量と言う事で、ちょっと楽しみ。  続きを読む
Posted by imd at 08:10Comments(0)